NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
お問い合わせ

爪矯正、きっかけ色々

2018-02-18

「爪矯正を始めよう!」と考えるタイミングは人それぞれ。今回は、よくあるきっかけをいくつかご紹介します。

爪矯正ー就職

ケース1:就職するタイミングで爪矯正

人生の大きなポイントでもある「就職」。そこをきっかけに爪矯正を考える方はたくさんいらっしゃいます。特に、手元を見られる機会が多い接客業に就職される方は、深爪・噛み爪を気にされる傾向にあります。また、手元を見られる職業は接客業だけではありません。営業の方などは、名刺交換の際に指先をよく見られます。プレゼンの時や資料を指す時、パソコンを打っているときなど、実は指先をよく見られています。実際に、深爪だったり噛み癖のある爪だとあまり印象が良くないことがあります。男性も女性も、爪矯正で衛生的な爪を育てていくことは社会人のマナーの一つとも言えます。

爪矯正ー結婚

ケース2:結婚するタイミングで爪矯正

こちらも人生で大きなイベントですね。結婚式では、リング交換の際などに手元に注目が集まったり写真にも残るので、「式までに綺麗にしたい!」と深爪・噛み爪を治すきっかけとする方が多いです。また、女性ではウェディングネイルを楽しみたい方も多いので、ネイルができる健康的な爪を育てるために爪矯正を始められる方もいらっしゃいます。
さらに、結婚後お子様が生まれるタイミングで爪矯正を始める方も。ご自身が深爪・噛み爪にコンプレックスをお持ちだったことから、「子供にはそうなってほしくない!」と、生まれる前に爪を綺麗にしておきたいと考えられるそうです。子供に触れる指先は健康的でいたい、というのは親であれば誰でも思うこと。爪矯正で綺麗な爪を育て、いっぱい抱っこしてあげてください!

爪矯正ー勧め

ケース3:周りの人たちに勧められて爪矯正

徐々に認知し始めてきた爪矯正ですが、まだまだ一般的ではありません。深爪や噛み爪を治したいと思ってもどうしたらいいのかわからず、一人で悩んでしまうパターンも少なくありません。そんな時、家族や友達から「爪矯正を始めてみたら?」と勧められて始める方も多くいらっしゃいます。元々、昔からずっと悩んでいたパターンが多いので、意志強く頑張る方が多いです。また、勧めてくれた方の応援もあれば、どんどんモチベーションは上がっていきます。深爪・噛み爪というのは、中々一人では治すのが難しいもの。成長を一緒に喜んでくれる人がいるというのは、とても心強いですよね。

深爪矯正を始めるきっかけは人それぞれ。どんな理由であれ、きっかけがあることで、それがモチベーションに繋がり、爪矯正を頑張れるようになります。「爪矯正を始めてみたいけれど、勇気が・・・」と悩まれている方は、「なぜ爪を綺麗にしたいのか?」を探してみてはいかがでしょうか?

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT