NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

あなたの爪は健康ですか?

2020-01-07

変換 ~ b3d91c1f04de064e488b3a60f36ce97e_t

 

健康な爪のつくり方

あなたは健康な爪とはどのように作られるか知っていますか?通常、健康な爪とは、表面に溝がなくなめらかで、ピンク色の爪をしている状態です。あなたの爪は健康な爪でしょうか?貧血になるとこれが白っぽくなったり、静脈の流れが悪いと赤紫色になったりします。健康な爪を保つために必要な三大栄養素は、爪の主成分である「タンパク質」と身体の代謝を高める「ビタミン群(A.B.D)」、(鉄分・カルシウム・亜鉛・ヨウ素)などの「ミネラル郡」です。極端なダイエットなどで栄養障害が起きると、爪にも異常が現れ健康な爪ではなくなってしまいます。この三大栄養素が含まれているのは、タンパク質は「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」に分かれています。動物性タンパク質は魚介類・牛乳・卵・乳製品。植物性タンパク質は豆腐・大豆。ビタミンAはウナギ・卵黄・チーズ・緑黄色野菜。ビタミンBはレバー・魚・肉・牛乳・緑黄色野菜。ビタミンDはレバー・いわし・かつお・卵黄。ミネラルはレバー・しじみ・小魚・卵・プルーン・はちみつです。健康な爪を作るにはこれらの食材をバランス良く摂取するといいでしょう。また、呼吸も健康な爪を作る要因となります。爪と呼吸は関係ないように見えますが、深い呼吸をすることで代謝が上がりやすくなりリンパや血流もよくなります。深呼吸はリラックス効果や脳の活性化にも繋がります。日ごろから深く穏やかな呼吸を心掛け、健康な爪を手に入れましょう。

変換 ~ 2917-3-600x400

爪の色と異常

では、健康な爪を維持できなくなるとどうなるのでしょうか?爪に白い点が現れた事がある方は多いのではないでしょうか?これは爪甲白斑(そうこうはくはん)と言い、爪が伸びるにつれて先端に移動し、いつの間にか消えてしまいます。爪甲白斑は、爪が出来る時に空気が入ったものと考えられます。次に1本または数本の爪が白く濁っている場合、白癬菌(はくせんきん)が原因で起こる爪白癬、いわゆる爪の水虫にかかっている可能性があります。爪の水虫は放置していると他の指にまで感染してしまいますので、すぐに皮膚科へ行きましょう。次に赤い爪になっている人は、通常健康な爪の時はピンク色をしていますが、全体がやや濃い赤色に見える時は多血症という赤血球が増えてくる病気の可能性があります。これは中年男性に多く見られるもので、疲れやすい・めまいがする・頭が痛いなどの症状が緩やかに進行していきます。この場合は血液検査を受けた方がいいので医師の受診をしましょう。他にも黒い爪・黄色い爪・緑色の爪などがあります。そのような爪も一度、皮膚科や内科に行った方が良いでしょう。

反り爪

爪をきっかけに身体も健康に

このように爪の状態をみると、身体の健康に関わってきます。たかが爪だと思っていても病院で受診した方が良い可能性もあります。爪の異常は爪の色や形にでます。爪に異常を感じたら早めに専門医や病院へ行きましょう。手元はとても目につきやすいです。健康な爪だと相手から見ても自分から見ても気分が良いですよね。健康な爪を作る為には食生活や生活習慣が大切です。運動をすことも健康な爪を作るのにとても大切なことです。運動やストレッチを行うことでリンパも流れ代謝もあがり、浮腫みが取れほっそりします。もちろん健康な爪作りや身体作りにも繋がります。ホームケアではクリームを塗り保湿をしたり、指のマッツサージをすることで健康な爪を作ることができますので実践してみると良いでしょう。健康な爪を保つためにも生活習慣を見直し改善しましょう。

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT