NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

どうしてもしてしまう毟り爪

2022-04-13

毟り爪(むしり爪)って何?

爪や爪周辺を皮膚を毟ってしまい、爪のピンクの部分が後退して爪が薄く小さくなっていく症状を毟り爪(むしり爪)といいます。本来伸びるべき爪の成長を妨げている状態にあわせて、爪周囲に炎症が起きると、爪の育成を司る部位である爪母に細菌が入り易くなり、表面に凹凸のある不健康な爪が生える場合もあるので、毟り爪(むしり爪)には注意が必要になってきます。噛み爪と同様に「邪魔なものを排出したい」という欲求によって、弱く曲がった爪やささくれ立った皮膚を毟ってしまううちに習慣になったのが、毟り爪(むしり爪)です。毟り爪 (むしり爪)は、過去に深爪や噛み爪だったケースが多く見受けられます。幼少期からの習慣で毟り爪(むしり爪)を引き起こしている事も多く、ライフスタイルからの根本的な改善の見直しが非常に重要となります。毟り爪(むしり爪)は後天的なもので、先天的な爪の長さは骨格によって決まっている為、NAIL CLINIQUEの爪矯正特許技術によって爪を本来の長さまで伸ばす事が可能となります。

 

 

毟り爪(むしり爪)と向き合う事

 

個人差や指によって爪の伸びる速さは異なりますが爪は、一日に平均約0.1mm伸びています。つまり、爪が生え変わるには最低でも約半年必要になりますので、毟り爪(むしり爪)と向き合うのは、 根気が必要になってきます。
毟り爪(むしり爪)の多くは、幼少期からの習慣で引き起こしている事が多いです。毟り爪(むしり爪)の症状を一時的に改善しても、爪や爪周辺を毟ってしまう癖が残っていると、いつまでも毟り爪(むしり爪)の症状を繰り返す事に繋がります。根本的に毟り爪(むしり爪)を改善し健康的な爪になる為には、習慣改善が必要不可欠となります。「癖」を一人で治すのは至難の業。そんな時に頼りになるのが「爪の専門家」です。経験や知識が豊富な「爪の専門店」であなた専用のアドバイスを受けながら、毟り爪(むしり爪)を改善してくのが爪を健康にする一番の近道になるのではないでしょうか。残念ながら、プロのお手入れに任せっきりでは毟り爪(むしり爪)の改善には不十分です。自宅で簡単にできるホームケアを同時に行っていくことで、さらに毟り爪(むしり爪)は改善し、健康的な爪が育っていきます。

 

 

 

改善の喜び

毟り爪(むしり爪)が改善されると、それが「自信」に繋がります。爪を毟る癖を克服されたお客様は、毟り爪(むしり爪)が改善され、綺麗になっていくにつれてポジティブ思考になったり初めてお会いした時とは別人のように明るくなった方や「毟り爪(むしり爪)を治したら、毎日が変わった!」とまでおっしゃる方もいらっしゃいました。私たちNAIL CLINIQUEが目指すのは、「爪の根本原因を取り除き、再発させないこと」そして、「爪を綺麗にすることで、その人の人生をより豊かにしていくこと」です。そのために私たちは「お客様に寄り添い、二人三脚で爪を綺麗にしていく」これをモットーに、日々お客様の爪と向き合っております。毟り爪(むしり爪)の改善は「お客様の爪を治す」のではなく「お客様と一緒に爪を治していく」のです。
お悩みの方は一度カウンセリングを受けてみられてはいかがでしょうか。

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT