NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
お問い合わせ

噛み爪を克服するコツとは

2018-11-12

噛み爪は単なる「癖」

噛み爪

 

あなたの「癖」はなんですか?
髪を常に触っていたり、貧乏ゆすりをしたり、髭を触ったり・・・
必ず1つは無意識に行ってしまう「癖」を持っていると思います。癖は、ある特定の動作が習慣化され、体に染み込んで、無意識に行動してしまうことです。癖を治すことは、それほど簡単ではありません。
「爪を噛んでしまう」という行為も一緒。癖の1つなのです。噛み爪の人は、幼少期から「爪を噛む」ということが習慣付けられ、爪を噛むと落ち着いたり、安心します。人によって様々ですが、世の中には多くの癖があります。爪を噛むことは悪い癖だと言われています。しかし、噛み爪は決して悪い事ではありません。「単なる癖」なのです。

 

 

 

「ダメだダメだ」はダメ!

まるばつ

 

「噛み爪」とは、文字通り爪を噛んでしまったことで弱く小さくなってしまった爪の事です。しかし、噛み爪自体は、悪い事ではありません。「爪を噛むこと=悪い事」と考える人の多くは、幼少期に両親や周囲から噛み爪をやめるように怒られた記憶のある人です。「爪を噛んではいけない!」と言われ続けることによって、「爪を噛まないようにしなきゃ!」と意識するようになります。しかし、その意識こそが自分自身を苦しめているのです。
「ダメだダメだ!」という意識が、自分自身をより追い込んでしまい、逆効果です。
周りの言うことに惑わされずに、「単なる癖なんだ」と考えるといいですね。

 

 

 

噛み爪矯正で爪も自分も変わる?!

 top画像

 

とはいえ、噛み爪の癖をそのままにしていると爪はどんどん弱くなってしまいます。
しかし、「癖」を一人で治すのはなかなか難しいもの。
知識や経験豊富な「爪の専門店」であなた専用のアドバイスを受けながら、噛み爪を矯正してくのが一番の近道です。
また、噛み爪矯正は、「綺麗な爪」を手に入れることだけがメリットではありません。
今、爪を噛むことが習慣になっていますが、それに新しい良い習慣を上書きすることで、爪を噛むという意識が小さくなります。
しかし、癖は簡単に治せるものではなく、ご自身での努力が必須になります。こうした努力の積み重ねの結果、理想の爪を手に入れることができるのです。そして、噛む癖がなくなり、噛み爪が改善された結果、それが「自信」に繋がります。噛み爪を改善されたお客様は、爪が綺麗になっていくにつれて気持ちも前向きになったり、よく喋るようになったり・・・初めてお会いしたとは別人のように明るくなった方も!
身体の中でも爪は非常に小さなパーツですが、生活する中で自分からも相手からもよく目につく部分です。自分の爪に自信があれば、毎日その爪を見て気分がよくなります。そして、「噛み爪を治したら、人生が変わった!」と喜んでくださる方もいらっしゃいました。まさか爪にそんな力があるなんて、思ったことないですよね。
1人で悩んでいるだけでは、噛み爪は治りません。
あなたも噛み爪を治して、「理想の爪」を手に入れませんか?

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT