NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

悪化すると歩けなくなる爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)爪の変形

2019-08-23

爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形とは?

 

1

 

爪が指に沿わず、上、横、斜め、右往左往に向かって伸び、岩のように肥大する症状です。通常、爪の根本より下にまだ隠れていて表出いていない部分であるマトリクスでつくられる爪が、指先に向かって大きく分けて3層となって伸びていきます。爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形の場合は、外的障害により爪の成長が妨害されて、爪の層が縦方向に伸びて厚みを増して生えていき、爪のすぐ隣の皮膚であるサイドウォールや爪の根本と皮膚の間の部分のキューティクルなどで支えられなくなり、変形して生えてくる症状をいいます。

変形だけなら問題はないのですが、変形した爪が靴に当たり爪自体が皮膚に刺さって炎症を引き起こします。繰り返すうちに悪化し、靴も履けないほど肥大してしまうこともあります。

また、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形で足の爪が極端に肥厚してしまうと、歩行困難、腰痛、巻爪・爪カビ・真菌といった二次症状がはじまることもあります。

 

 

 

爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形の原因は?

 

【未使用】爪甲鉤彎症BFAF

 

元々、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形の原因は不明とされていましたが、最近ではパンプス等の足に合わない靴を長期的に履くことによって起こったり、何度も強く打ち付けるなどが原因で起こる場合もあります。歩き方の影響も大きく、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形が疑われたら、痛みなどのない早めの段階のうちに、専門的なサロンで適切な長さや形を整えてもらい、悪化させないことが大切です。

 

 

 

 

爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形の対処方法は?

 

image2 

まず、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形になってしまう前に、合わない靴を履いていないか、正しい歩き方であるいているか、確認してください。膝を曲げないように、かかとから足先をおろすような足運びをすると身体の軸も整い、歩き方も美しくエレガントに見えます。爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形になってしまったら、歩き方だけではなく、生活習慣の改善なども必要となる場合があります。悪化すると、歩けなくなるほどの傷みを伴う場合もあります。

 

爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形に対する専門家のアドバイスーネイルクリニークで出来る事

早期改善の為には、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形を何とかしようと、自己判断でのお手入れで余計に悪化してしまうなんてことのないように、痛みなどのない早めの段階で、専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。初期段階で適切な処置ができれば改善の可能性はありますが、症状が進行してしまうと治る可能性は低くなってしまいます。元々原因不明とされていたくらいの症状でもあり、数ある爪の症状の中でも、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形は病院では治してもらえません。爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形は、生活習慣から見直さないと改善されません。あらためて、爪から習慣を見直すことのできる、弊社のような正しい知識を持った専門家のアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT