NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

未病は爪に現れる?!

2020-03-21

反り爪で未病がわかる?!

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_m

 

病院での各種検査では問題がない場合でも、様々な症状が爪に出ることは多々あります。なぜなら、爪下は血液の折り返し地点でもあり、指先は特に細い毛細血管の多い部分です。血液の流れが滞れば爪下の血流は流れが悪くなり、栄養や老廃物の運搬もスムーズにいきにくくなります。

そうした理由から、爪に体調の変化が現れやすいのです。透明な爪は身体の窓となり、皮膚下で起きている現象をみせてくれているのです。検査結果で出る、病気と診断される数値によらず、内臓虚弱などの症状が見られる未病の可能性が分かるのです。特に、爪が上向きに反っているような状態になる「反り爪」の場合は、鉄分などの栄養不足が大きく関係していると考えられます。したがって、反り爪を改善させるには、身体の内側から健康になることが改善への近道です。

 

反り爪とは?

3-1 症状(反り爪)-576x768

 

爪の表面がくぼんでいるような状態で先端が中央より高く、反っているような状態が反り爪です。反り爪の反りが強い人は爪が引っ掛かりやすいため、悪化させてしまう場合も多いのです。鉄分などの栄養不足の他にも、指先に力を入れる作業の過多など、複合的に重なり合って症状が現れることが多いのも反り爪の特徴です。その為、反り爪は外的アプローチだけでは大きな改善が見られにくい場合があります。少しでも反り爪を改善に向かわせる為には、食事・運動・睡眠などの内的アプローチが必要になります。生活環境や健康状態など、トータルに考慮することが反り爪の改善につながります。

 

反り爪の改善と健康な爪

joy

 

反り爪の症状が出ている場合は内臓虚弱の可能性をお伝えしましたが、一言に、内臓虚弱といっても、誰しも強い部分と弱い部分があります。身体が弱ったり、免疫力が下がった時にダメージを受けやすい箇所ということになります。反り爪の場合は、複合的な要因が引き起こす症状である事が多いこともあり、酷くなる前に早めの正しい処置をすることが大切です。反り爪を緩和させる為の外的アプローチとしては、プロテクトなどでくぼみを埋め、引っ掛からないように短めに整えると同時に、栄養剤などで爪自体を強くしておくことが反り爪の改善につながります。反り爪の根本的は原因を考えると、食事、呼吸、睡眠の質を上げるなどの生活習慣の見直しが必要となってきます。「反り爪かも?」と思ったら、まずご自身の生活環境、体内環境を見直してみてください。そして、爪を丈夫に育てながら、悪化させないようにすることが反り爪の緩和には重要です。そして特に反り爪の場合には、原因が複合的である場合が多い為、爪のことだけではなく、身体の事を知り尽くしたプロのアドバイスを受けることをお勧めします。爪からのSOSをきっかけにご自身の身体と向き合い、爪を健康に育て、反り爪を改善していきましょう。

 

 

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT