NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

深爪の改善

2020-05-14

深爪とは?

変換 ~ 1

 

 

爪が小さく後退していて、爪周囲の皮膚がめくれ、ガサガサになっている状態が深爪です。深爪の主な原因は、爪先や爪周囲の剥脱してきた爪や皮膚を習慣的に噛み千切ってしまうことで、それを繰り返すことにより爪自体が後退し、本来の長さより短くなってしまうことにあります。手の爪の役割は物を掴む事。爪がなければ微調整する力が働かない為、細かな動きが出来ません。足の爪は、歩く時に生じる地面からの圧力を足の爪が抑えることで力が加わり、バランスを取って歩く事が出来ています。深爪の状態は、これらの爪としての機能を最大限に発揮することが困難になってくるという事になります。また、痛みを感じたり、見栄えに影響してコンプレックスになっていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

 

 

深爪の改善方法

変換 ~ 2

 

 

深爪を改善したいと思っていても、どうしても爪を噛んでしまったり、皮膚を毟ったりするのがやめられないという方は多く存在します。これは「癖」という長年の習慣からくるものが要因です。また、仮に爪を噛む事をやめられても、それだけでは深爪の根本解決にはならず、自爪は美しくはなりません。深爪から伸ばした爪は脆弱で割れたり欠けたりしやすいので、そこからまた深爪の癖が再発するリスクが非常に高いです。ジェルネイルなどで一時的に爪を噛む事が回避された場合も同様です。深爪の改善には、爪に関する知識や自爪を健康にするために必要なプロセス、深爪の癖や習慣に対する思考や習慣へのアプローチなど、多方面からの深爪改善への技術と知識が必要になってきます。

 

 

健康的で綺麗な爪を目指して

変換 ~ 3

 

深爪矯正で重要なのは、爪質を改善し、リバウンドしない爪を育てることです。爪サポーターは、リバウンドしないようにしっかりとプロセスを踏み、現状の把握、改善、アドバイスを個々に合わせて行います。これらの見極めは今までの実績からの膨大なデータがあるからこそ。深爪矯正には爪を育てる理論とプロセスはもちろん、専用のメソッド、その方に合った商材選び、環境、様々な分野から行う爪へのアプローチなど、複合的な知識が必要になります。その専門知識と技術があることで、深爪矯正の成功率は全く違うものになっていくのです。自分で深爪の癖を直すにはかなりの努力が必要になります。私達はプロとして爪の活性化とアドバイスといったサポートをしっかりする為、効果的に改善が見込め、深爪矯正を最短で行うことが可能になります。これはダイエットをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれません。最短の方法が分からない、挫折しそうな時なども、第三者の力を借りる事で成功しやすくなります。また、深爪矯正で健康的な爪を手に入れたお客様からは、こんなうれしい声をよく伺います。「堂々と手元を見せられるようになった!」「コンプレックスだった爪が、好きなパーツになった!」「自信にも繋がり、恋人ができた!」「憧れだったネイルアートを楽しめるようになった!」中には、「結婚が決まった!」なんて声も、実は多くあります。深爪を改善することは、ただ爪が綺麗になるだけではない、気持ちまで前向きにしてくれます。「人生が変わった!」なんて言ってくださる方も。しかし、決して大げさではありません。手元、特に爪は自分の目に留まる部分であり、他人からもよく見られる場所です。そこが健康で衛生的でいるということは、自分自身も周りの人たちも気分が良くなります。人は小さな習慣の改善の連続で成長しているからこそ、爪の成長は自己成長へとつながります。深爪を改善するということは、習慣の改善です。習慣を改善し目標を達成することで、人は成長し自信に繋がるのです。したがって、深爪改善で、成長し自信がつき、新しい自分に出会えます。新しい自分になれれば、人生が変わります。爪でお悩みの方は、一度プロの爪育成の手ほどきを受けてみませんか?

 

 

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT