NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

ジェルネイルで爪のトラブル

2022-04-15

ジェルネイルはいいの?

 

ジェルネイルは、マニキュアに比べて持ちが良く発色も綺麗なため、オシャレな女性の間で非常に人気ですが、その人気とは裏腹にジェルネイルによる被害が増えているのが現状と言えるでしょう。例えば、ジェルネイルを施す際に、定着を良くするため、爪の表面を毎回削り、どんどん薄くなってしまった 、爪のピンクの部分が小さくなってしまった、中には、爪にカビが生えてしまったなどという声が多くなってきています。爪を美しく飾

るためにあるジェルネイルで爪を傷めてしまったなんてことにならないためにもジェルネイルを楽しむ際には、「爪の知識」を身に着けておくと良いでしょう。

 

ジェルネイルでなぜ傷むの?

ジェルネイルでなぜ傷むの?
なぜジェルネイルをすると爪が傷んでしまうのでしょうか?原因は様々ありますが、ジェルネイルにも種類がたくさんあります。ネイルサロン自体も非常にたくさんあるので、断定することが難しいですが、原因が幾重にも重なっていることも多いでしょう。考えられる原因としては、ジェルネイルを落とす際に使う溶液が爪を乾燥させてしまい、枯葉のように爪がパリパリになり割れやすくなってしまいます。また、ジェルネイルを付けたりはずしたりを繰り返しているうちに爪がどんどん薄くなってしまうことも原因の一つと言えるしょう。一定期間以上放置しているのも厳禁です。放置し過ぎるとジェルが爪からはがれてくることがあります。そうすることで、爪の層まで一緒にはがれてしまうので、爪が薄く弱くなってしまいます。また、はがれてきたところに水分が入り込み、最悪の場合は、そこからカビが発生してしまうことがあります。そうなると、爪はもろく傷んでしまいます。
ジェルネイルをするときは、その影響を理解して行うことが大切でしょう。
また、こちらで挙げた原因はほんの一部で、まだまだ原因はあり、断定することは難しいですが、ジェルネイルの正しい知識を身に着けることで、傷みを最小限に留めることができます。

 

 

ジェルネイルを理解しよう

決して「ジェルネイルをしてはいけない!」というわけではありません。大切なのは、爪への影響を正しく理解することです。ジェルネイルやマニキュアを除去する際に使う薬品によって、爪や指先が乾燥し、健康な爪を生み出す機能が損なわれるなど、ジェルネイルでどんな事が爪へ影響しているか、どうすればその影響を最小限に留められるのか正しい知識を持って選ぶことができれば、そのトラブルを極力小さくすることが可能でしょう。ジェルネイルをするときは正しい知識を身に着けたサロンや施術者に出会うことが大切となってきます。ジェルネイルの金額やデザインに気を取られがちですがジェルネイルの正しい知識を持ち健康的な爪でこそオシャレができますよね。
爪を美しくするためにネイルサロンに通っていたのに、爪を壊してしまったあなた。 NAIL CLINIQUEの爪のプロフェッショナルと一緒に健康で美しい爪を取り戻していきましょう。

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT