NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

セルフネイルケアは奥深い

2022-05-07

セルフネイルケアをしていますか?

 

皆さんはお手元の爪についてじっくり考えたことはありますか?手は人と人が出会うとき、一番初めに触れあう場所。例えば、名刺交換や握手、ハグなど…。爪に目が行くと手全体が視野に入ってきますね。爪の印象はその人の生活や性格を表します。また、細かい動作ができるのも、身体を支えてバランスを取って軽やかに歩けるのも爪のおかげなのです。老若男女問わず、セルフネイルケアをすることでお手元に清潔感が出ます。一方で爪は勝手に伸びるものと思われている方も多いと思いますが、丈夫で綺麗な爪を育てるためにはセルフネイルケアがとても重要になってきます。「セルフネイルケア」とは、ネイルケアの中でもご自身で自宅などで行っていただける非常に簡単なお手入れです。一言で「セルフネイルケア」と言っても意外に奥が深いのです。人によっては「手荒れ・爪周りのささくれが日常的にあり何も対処していない」という方や、「毎日クリームなどで保湿はしている」というお話を耳にしたことがあります。正しい知識と習慣を身に付けることによって正しいセルフネイルケアをすることができ、あなたのお爪や身体の悩みも改善できるのです。また、ネイルサロンなどで行ったお手入れで綺麗になったお手元を維持するためには、ご自身でセルフネイルケアを行っていただくことが重要になります。ネイルサロンのお手入れだけで満足していませんか?セルフネイルケアでその健康な状態を維持しましょう。
 
 
 
爪もみとオイルで効果抜群

 

セルフネイルケアといえば代表的なものがクリームを塗り、保湿をすることです。皆さんはその後「オイル」を塗っていますか?クリームの後にお爪周りにオイルで蓋をすることで、水で洗い流してもオイルが必要な水分を落とすことを防ぎ保湿をし続けることができます。さらに「爪もみ」をセットで行うと有効的。これをすることにより、免疫力を上げる効果があるとともに自律神経を正常に働かせるとも言われています。爪もみの仕方は、爪の生えぎわの角を、反対側の手の親指・人差指で両側からつまみ、痛気持ちいいくらいの強さで20秒程力を加えるだけです。とっても簡単な方法ですよね!セルフネイルケアをする時以外にもテレビを見ている時・お風呂に入っている時など常に意識し続けることにより、保湿対策と爪もみを習慣つけることができます。継続は力なり。続けることで綺麗で丈夫なお爪を育てることができます。
 
セルフネイルケアで身体全体を健康に

 

 

今までセルフネイルケアについて沢山お話をしましたが、セルフネイルケアは簡単そうに見えてとても奥が深い!爪は皮膚の角質層なのでとても繊細な部分です。毎日の保湿と爪もみを生活習慣の中に入れ、お手元をキレイに保つのはもちろんのこと、爪もみにより免疫力が上がり、指圧することで血流がよくなるため新陳代謝を上げる働きがあるので、セルフネイルケアで爪はもとより身体全体が健康的になるのです。ネイルケアといってもお店に通ったりと様々なネイルケア方法があります。その中でも一番簡単で手軽にできるのが、セルフネイルケアです。
日々の生活に簡単なセルフネイルケアを加えることで身体全体が健康になります。
爪に悩みがある人もそうでない人も、セルフネイルケアでお爪から美しくしておくことでお手元に清潔感が生まれ、周りの印象もがらりと変わり、一気に生活が変わりますよ。
NAIL CLINIQUE(ネイルクリニーク)ではセルフネイルケアのやり方やあらゆる面から綺麗で丈夫なお爪を育てるための方法をご説明させていただきます。私たち爪のプロと一緒に「継続できるセルフネイルケア」を始めてみませんか?

 

お問い合わせはコチラ

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT