NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

健康な爪を育てる爪育成

2021-12-03

爪育成とは?

トレーニングで筋肉を育てるように、爪も育てることができます。このことを私たちは爪育成と呼んでいます。爪育成と言っても様々な形があり、後退してしまった爪を元の骨格まで引き上げる「爪矯正」、健常な爪の状態を更に美しい形の爪に育てる「爪育成」、変形してしまったお爪を改善・緩和に導く「爪変形改善」、明確な原因が無いのに爪に症状が出ている状態を改善に導く「爪不定愁訴」など、爪にも様々な状態があり、その状態によって改善までにかかる時間は様々です。

健康な爪の条件

健康な爪にはいくつか条件があります。まず「長さ」がしっかりあること。特に爪育成において爪のピンクの部分を伸ばすことが非常に重要です。深爪や噛み爪などで爪の大きさが小さくなってしまった爪は、薄く、割れやすくなっているため、すぐに爪育成を行うことをお勧めします。そのまま放置していると爪育成をする時間が伸びてしまったり、もとに戻りにくくなってしまいます。次に「厚み」です。長さが適切なだけでは健康な爪とは言えません。長さに加えて、爪に適度な「厚み」があることが重要です。爪育成によって爪の厚みは、きちんと育てることができます。しかし、身体の内的要因によって爪が薄くなっている場合は注意が必要です。爪は「身体を映す鏡」と言われているように、栄養のバランスなどによる健康状態が現れやすい場所なのです。爪が薄く割れやすいい場合は、身体があなたに何らかのサインを出している可能性もあります。外的アプローチで爪育成をしながら、毎日の健康状態にも気を付けると、爪の厚みが育ち、また健康な爪に一歩近づきます。最後に爪の「柔軟性」です。爪の柔軟性とは、たわみのことを言います。たわみは非常に重要な点であるにもかかわらず、爪育成においてよく軽視されることが多いポイントです。そして、その「たわみ」を得るための爪育成が毎日の「保湿」です。爪は何かに当たったり、爪に力が加わったりすることで、形状が変わります。その動きに柔軟になるには「たわみ」が必要であり、保湿によりしっかり潤いの保たれた健康な爪では、これが可能です。しかし、乾燥した爪では、たわむことができず、衝撃で割れやすくなってしまいます。爪育成と一言に言っても様々な爪育成方法が存在するのです。

NAIL CLINIQUEで行う爪育成

NAIL CLINIQUEではまず20年以上の実績と経験をもとに、あなたの爪の状態を隅々まで把握します。その上でどのように爪育成を行っていくかご提案します。爪育成と言ってもその内容は様々です。爪が薄い方や噛み癖がある方、深爪の方など状態に合わせた爪育成を行います。さらに、習慣や私生活によっても爪育成は変わってくるので、誰1人として同じ爪育成を行うことはありません。爪育成をされたい方は是非一度NAIL CLINIQUEへお問い合わせください。

 

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT