NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

深爪の悩みはどこに相談すれば良いの?

2021-12-31

深爪は変えられる?

深爪は、爪が短く本来あるべき指の先端まで爪がない状態のことを言います。爪噛みや毟り癖があったり、短く切りすぎたり、爪が割れてしまうことにより、常に爪が短い状態でいると爪のピンクの部分が後退し深爪になります。
私たちは爪があることにより、物が掴め、字を書いたり、立つ、跳ねる、歩くことができます。深爪になると爪本来の役割を果たせず、手ならば物を掴む力が低下したり、足ならば踏ん張りが効かずバランスを崩したりと日常生活に支障をきたす場合もあります。また、深爪になる原因が爪噛みや毟り癖であれば、痛みを伴いやすく、出血すれば菌などの感染により炎症が起こる場合も少なくはありません。

深爪の治し方

「深爪は治せますか?」とよく聞かれます。もちろん変えることは可能です。毎日の習慣を変えて、爪が喜ぶことをしてあげるだけで驚くほど爪を変えることができます。爪は生まれつきと思っている方も多いですが、私たちの「習慣」で爪は作られます。そのため、習慣改善をすることにより深爪を改善することができます。
そして、私たちの身体は食べた物で作られています。そのため、食生活が乱れていると爪にも影響が現れます。爪が薄く弱くなってしまうと、2枚爪や衝撃によって割れやすい爪になります。爪は白とピンクの境目で割れやすいため、繰り返しているうちにピンクの部分が後退して深爪になります。
他にも、爪噛みや毟りなどの癖がある場合はなかなか一人では治すのが難しいというパターンが多いです。そんな時には、正確な知識を身につけて爪のプロと一緒に二人三脚で深爪矯正を行うことをお勧めします。

習慣改善で深爪から理想的なお手元へ

一度改善した深爪が元に戻ってしまった、という相談をよく伺います。見た目を良くしただけで根本的に爪質や深爪の状態が改善されていなかった為に、深爪が元に戻ってしまったと考えられます。深爪の爪がただ伸びただけでは爪のピンクの部分が伸びることはなく、脆弱な状態なので元の深爪に戻ってしまうのです。NAILCLINIQUEではカウンセリングによりお客様一人一人に合わせたプランをご提案しています。根本から深爪になる原因を改善し、一人ではなく爪のパーソナルトレーナーと共に頑張るからこそ、深爪を改善し理想的な爪へと変えていくことができます。お手元は自分も他人にもよく目につく部位です。深爪を改善して、人前でも堂々と手元が出せるようになると気持ちもポジティブになれるかもしれません。NAILCLINIQUEで深爪矯正をして一緒に一生物の爪をつくっていきましょう。

 

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT