NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

深爪は改善出来る

2021-09-27

深爪とは
深爪は爪を深く切りすぎたり爪が割れることによりピンクの部分が後退し、爪が小さくなってしまう症状です。
誰でもスラッと縦長の爪に憧れることがあると思います。
また、深爪よりも縦長の爪は指も細く長く見えるので、女性らしい印象になります。
男性も、名刺交換やプレゼンの時など指先を見られる機会は意外と多いため気にされる方もいるのではないでしょうか。
爪が深爪ではなく綺麗に整えられている事で清潔感があり指先の綺麗さで第一印象にも変わります。
しかし「深爪がコンプレックスで伸ばしたい、でも白い部分ばかり伸びてくる」という方も多いのではないでしょうか?確かに自力でピンクの部分を伸ばすのは中々根気がいります。
ではどう改善すればいいのでしょうか。

深爪の改善で必要なこと
爪は長年深爪でいると「自分の爪は小さいものなんだ」と思い込んでしまいます。
その為、ピンクの部分は変化がなく、深爪のまま白い部分だけが伸びやすくなってしまうのです。
まず深爪を改善するには爪そのものが思い込んでいる爪を目覚めさせてあげることが大切です。爪の根本付近には爪の成長にとても大事な命の部分があります。
爪に負荷をかけ爪の命を活性化させることで、深爪だった爪が刺激され目を覚ます事により、ピンクの部分が伸びてくれるのです。
しかし、もともと深爪になってしまった要因を取り除いていかなければ一時的な改善になってしまいます。
爪の切り方や手の使い方。どれだけ綺麗にしても爪をぶつけたり引っ掛けたりすれば割れてしまい
深爪のリスクはなくなりません。
爪を目覚めさせる事だけでなく、日々の爪に繋がる習慣の改善も必要になってきます。
そうする事で、一時的ではない一生ものの爪が手に入るのです。

NAILCLINIQUE(ネイルクリニーク)の深爪矯正
NAILCLINIQUE(ネイルクリニーク)では爪とご自身の習慣改善をベースに深爪矯正を行います。
私たちが深爪のお手入れをするだけでなく、深爪の要因を確認し手の使い方、爪への負担を改善するためのサポートやアドバイスも行っております。
せっかく深爪矯正への1歩を踏み出してくれたお客様のお爪を、ずっと綺麗なままでいてほしいという思いから「深爪矯正」で見た目の改善だけでなく「習慣改善」に着目し一生綺麗で健康的な爪を目指しています。
「深爪がコンプレックス」「爪がキレイな人に憧れる」「手元を見せるのが恥ずかしい」
様々なお声を頂きます。しかし深爪矯正で綺麗で健康的な爪を手に入れ自信が付き
「堂々と手元を見せられるようになった!」「コンプレックスだった爪が、好きなパーツになった!」など前向きな言葉に変わります。


深爪を改善することは、ただ爪が綺麗になるだけでなく、気持ちも前向きにし自信がついてきます。
大げさと思う方もいるかもしれませんが、手元特に爪は自分の目に留まる部分であり、他人からもよく見られる場所です。そこが健康で衛生的でいるということは、周りからの印象も変わり自分の自信に繋がるのです。
ぜひ深爪矯正で綺麗で健康的な爪を育ててみませんか?

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT