NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

爪と健康の深い関係

2021-12-17

爪と健康の関係性

爪と健康と聞いて、どのように二つが関わり合っているかイメージが浮かびますが?爪と健康を簡単に説明をすると、爪を健康に保つための食事や生活習慣は、爪に良いとされ、逆に健康的な生活や食生活ですと爪がこわれにくく、丈夫に生えてくれます。爪と健康は、言われるように、セットで意識すると爪と健康のどちらもにメリットがある関係性なのです。ですので、例えば今日爪を毟って爪が傷んだとして急に心臓病になるわけではありませんが、健康的に生きて行く上でひとつの目安に爪と健康を意識することは大変おすすめです。ではなぜ爪と健康が関係しているのか。爪は健康のバロメーターといわれ、体の状態が爪に現れます。爪は心臓から1番遠く、血流が行き渡りにくいため、栄養等が足りていない場合爪の状態や色に変化が出るため、真っ先に体内変化を表してくれます。そのため、お医者さんなども手術などの際には爪を確認することがあるくらいです。そのため、爪と健康は密接な関係性にあると言われます。


爪と健康を気をつけるメリット

爪と健康を意識するうえでのメリットがいくつかあります。まずは、爪を健康的にするためには食生活や運動習慣が改善されます。爪が薄かったり、伸びにくい場合は食生活を血が作られやすい、タンパク質と鉄分をしっかりと摂取する食生活が爪と健康を意識するポイントです。また、その食事で作られた血液を隅々まで流すのに適度な運動も必要となります。その2つを気をつけることによって、睡眠の質の向上などにも繋がり爪だけでなく、健康に作用します。続いて、足爪と健康について。足爪をしっかり育てて行くと、足の踏ん張りが効きやすく、体のバランスが取りやすくなります。これは爪と健康に関係あるのかと思われる方もいると思いますが、実は爪と健康にとても関係あります。体のバランスが取りやすくなると、何か動作をする際に使われるべき筋肉が正しく使われて、足腰の関節痛や姿勢悪化を防ぐことができます。男女ともに多いのは、靴が合わないことで小指の爪が小さくなってしまっていること。小指は小さいですが体のバランスを取るのにはとても大切な役割を果たすのと同時に、小指の筋膜は肩と繋がっているため、小指が圧迫され正しく使われていないと肩こりも起こる可能性があります。日常爪と健康の一つ一つを気にしてあげると、それら体の不調を予防することもできるのです。また、爪の色が変色してきた際には内臓になんらかの影響が出ている可能性があるため、早めの受診をお勧めします。このように爪と健康に着目することで、どちらにも良い生活をすると爪と健康にメリットがあるのです。

爪と健康が叶う爪専門店

ただ、なかなか爪と健康と一言で言えど、自分自身で爪と健康を気遣う生活に急に変われるかというと、難しいかもしれません。そこでNAILCLINIQUEでは爪からのアプローチに加えて、お客様ひとりひとりに合わせた健康習慣のアドバイスも一緒にさせて頂いております。1人では難しい習慣改善も、NAILCLINIQUEの正しい知識を持ったスタッフも一緒に二人三脚で頑張りましょう。

 

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT