NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

爪のトラブルの危険性

2021-12-22

爪のトラブルとは?

みなさん、ご自身の爪のトラブルはありますか?また、身近なひとに爪のトラブルを見た時はありますか?実は爪のトラブルが起きた場合、ほとんどの方がどこに相談したらいいのか分からずに放っておいてしまいます。もちろん中には自然治癒で改善する爪のトラブルもあれば、放っておくと悪化の一途を辿る爪のトラブルも。ここでは、爪のトラブルで放っておくと危険なサインをいくつかご紹介します。主に爪のトラブルのサインとしては、爪が薄くなった、爪に横溝ができた、爪の変色、爪が剥がれた、爪に厚みが出てきたなどです。これらは外的要因だけでなく内的要因も関わっている可能性があるため、あまり放っておきたくないトラブルです。これら爪のトラブルが放って置かれた場合にどうなるのかも触れていきます。


爪のトラブルを放っておくと…

爪のトラブルを放っておくとどうなるのか。爪のトラブル別に紹介します。まずは、爪が薄くなった場合、放っておくと爪が割れ続け深爪になってしまう危険性があります。栄養不足や血流不足などが原因の可能性があるため、食や運動習慣の見直しをしてみましょう。次に、爪の横溝、爪の厚みです。横溝や厚みは爪がなんらかの圧迫を受けた場合に起こりやすく、それが続くと爪としての機能が低下する危険性があります。履いている靴が合っているかの見直しなどを行うのがお勧めです。そして、爪の変色です。これは色によって様々ですが、爪が緑になってしまった場合はカビの可能性が高く、放っておくと爪周りや爪の深部までカビが侵食する可能性があります。また、爪が紫っぽいのは血流不良の可能性を表し、爪が白っぽいのは貧血や肝臓などの機能が低下していることを表しています。爪のトラブルは爪だけでなく、体にも直接関わっているものも多いため、爪のトラブルをきっかけに体のメンテナンスも行えるとなお良いですね。


爪のトラブルは専門家へ

このように爪のトラブルには様々な危険性が伴っています。特に、内臓系に関わる爪のトラブルのサインが出ている場合には、早急に病院へ行くことをお勧めいたします。NAILCLINIQUEでは、薄い爪を厚みのあるお爪へ導く自爪育成や、靴が合っているかのフィッティングや正しい靴の選び方アドバイスなどもさせていただいています。爪のトラブルだからと爪にばかりアプローチをしていても、根本要因が違う場所にあると改善はできませんよね。私たちは爪の専門家として、お客様一人一人に合わせた多角的アドバイスによって、根本からの爪のトラブルを改善していくサポートをしています。もし、当てはまる爪のトラブルがありましたら、NAILCLINIQUEへ一度ご相談ください。

 

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT