NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

爪のピンク部分は伸びる?

2022-05-09

爪のピンク部分と白い部分の違いとは

爪のピンク部分は生まれつき。短く小さいのは遺伝だから仕方ない。

そんな風に思っていませんか?
爪のピンク部分は正しい爪矯正をすることで確実に伸ばすことができます。
そもそも爪のピンク部分は爪と皮膚がくっついている部分で、皮膚が透けて見えている部分になります。
爪の白い部分は皮膚から離れてしまい、死んだ細胞になります。
つまり、きちんと爪と皮膚がくっついていればピンクに見える!という事です。
実は、爪のピンク部分は自分の指先の皮膚があるところまで伸ばす事ができるのです。
また、爪育成に必要な栄養素は血流にのって爪先まで届きます。よって爪のピンク部分が長ければ、爪にも多く栄養を届ける事ができ、丈夫で美しく健康な爪にすることができます。

 

爪のピンク部分が小さくなる理由

 

爪のピンク部分は小さい頃からの習慣や癖によって短くなってしまっています。そういった癖がある方も爪矯正を行って頂けます。

例えば、爪切りをする時に白い爪をピンク部分ギリギリまで切ってしまう深爪。爪が割れたり、ささくれができたりしたら気になって全部むしってしまう毟り(むしり)癖。イライラしたり、手持ち無沙汰になったりすると爪を噛んでしまう噛み癖。などがある方も多いのではないでしょうか?中でも深爪は職業柄や爪を清潔にしたいという思いから習慣化してしまいます。
毟り癖や噛み癖は小さい頃からの癖が続いている方が多くいらっしゃいます。
この習慣や癖によって、爪と皮膚がくっついているピンク部分の爪を無くしてしまう事で爪のピンク部分はどんどん短くなっていきます。
自分ではなかなか直らない癖も私たちNAIL CLINIQUE(ネイルクリニーク)の爪矯正をすることで癖を解消するところから一緒に変えていくことができます。
NAIL CLINIQUE(ネイルクリニーク)にはこうした癖を直したいという思いで爪矯正を行う方も多くいらっしゃいます。

 

 

爪のピンク部分を伸ばすNAIL CLINIQUE(ネイルクリニーク)の爪矯正とは?

皆さん爪のピンク部分を伸ばし、清潔感のある綺麗な爪にしたいと思いませんか?
元のように爪が伸びればピンク部分も元に戻るのではないか?そう思われるかもしれないですが、爪のピンク部分を伸ばすにはまずは健康な爪が必要です。ピンク部分を大きくし健康な爪にしていくための第一歩として爪矯正をオススメしています。
私たちのいう「爪矯正」はこれから生えてくる爪を健康にしていくためにNAIL CLINIQUE(ネイルクリニーク)独自で開発した世界初の爪矯正プログラムを導入して行います。
ピンク部分を大きくし健康な爪にするために、爪矯正では爪の命となる細胞部分を活性化していきます。同時に爪周りの皮膚環境を整えることも爪矯正に含まれます。爪と爪周りの皮膚を同時に整える事で爪矯正をより効果的にピンク部分を大きくする事ができるのです。
また、習慣や癖を治すためにも爪矯正はご活用いただけます。
ピンク部分を伸ばす爪矯正を行う事でお手元に清潔感が生まれ、綺麗になればそれを維持しようとしたり、爪矯正に通ったり自宅でのセルフネイルケアをすることでお手元を見る回数が増えお手元への意識が変わり、次第に癖を直していく事ができます。
爪矯正を行っていく過程でNAIL CLINIQUE(ネイルクリニーク)に通われるお客様には必要な爪の知識や癖を直す方法などもお伝えしていきます。さらに爪は生活習慣や体調面が顕著にあらわれる身体の部分なので、爪のパーソナルトレーナーに日頃のお悩みもお聞かせください。爪矯正をすることで生活習慣も変わります。私たちと一緒に爪のピンク部分を伸ばし、健康で美しい爪を手にしましょう!

 

お問い合わせはコチラ

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT