NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

爪の変色・黄ばみなどが起こる原因として考えられる6つの事

2021-10-25

爪の変色は病気ではない?

気がついたら爪先の色が変わっていて驚いた経験はないでしょうか?爪の変色といっても、白っぽくなる、黄色っぽくなる、黒っぽくなる、緑っぽくなる。。。など爪の変色は色んなパターンがあります。また、爪の全体的起こっているのか一部分のみなのかなど爪の変色の仕方は色々あります。手の爪の変色なのか、足の爪の変色なのかも状況によって異なる場合もありますが、爪の変色すべてが爪の病気から起こっているとも言い切れません。爪の変色は細菌の感染などの場合のほか、身体の内面的な場合、外傷などの外面的要因も考えられます。

爪の変色の主な原因

爪の変色で多くみられるのが、爪が黒っぽくなってしまうことが挙げられます。爪をぶつけたり、何かで挟んだりした場合に爪の下の皮膚が内出血を起こしてしまうと爪が黒っぽく変色して見えることがあります。これは内出血による爪の変色ですので爪自体の色が変わっているわけではありません。足爪の場合は靴の圧迫によって爪が変色する場合もあります。また、爪に白い点や筋などが爪の変色に見える場合もあります。これも爪の全体でなければ大きな問題のある爪の変色ではあることは少ないといえます。また、爪先の使い方で爪が変色する場合もあります。例えば色の濃いものを常に触るような環境にあった場合、それが爪に色移りする場合もあります。爪に色が染みこんでしまうことで爪の変色に繋がることもあります。
爪の変色で多いのが黄色っぽくなるという事例です。この場合の多くは爪が厚みを増してきたり、表面がガサガサしてくるような変化も起こることがあります。爪が黄色っぽくなり、厚みが出てきている場合の爪の変色は真菌などの感染症の疑いが出てきます。爪が緑のような変色を起こす場合も細菌感染が疑われます。このような菌の感染が疑われる爪の変色は病院にて薬を使った治療を行わないと爪の変色は治りません。また、爪全体が青白いような爪の変色の場合は、血液の循環が悪くなっていたり爪先までの酸素供給が悪くなっている場合も考えれられます。この場合の爪の変色は身体の内面部分からの改善が必要になってくる事例です。

病気が原因でない爪の変色の改善方法

このように爪の変色といっても様々な状態があります。爪の変色から爪の病気かと思い皮膚科に行ってもとくに原因が分からなかった…そんな場合は爪の専門店への相談はいかがでしょうか?爪の専門店では治療はできませんが、爪の変色の要因を探り変色してしまった爪から、健康的な爪に生まれ変わらせていく提案ができます。爪の変色も、健康な爪に変わることでもとの透明な爪に戻ることが可能です。病気ではない爪の変色の場合は放置していても改善されることばかりではありません。病気ではない爪の変色がある場合はその要因を特定し、取り除くことで改善が見込めます。

 

 

お問い合わせはコチラ
美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT