NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

爪を縦長に伸ばして、コンプレックス解消!

2021-08-25

爪のコンプレックスありませんか?

皆さんは、ご自分の爪にコンプレックスをお持ちではないですか?爪矯正に来られる方は特に手の爪が小さく丸い爪、爪の噛み癖によりボロボロになってしまった爪、爪を深く切りすぎてしまい、ピンクの部分が後退してしまった爪・・・などコンプレックスを持っている方は非常に多くいらっしゃいます。「爪を縦長に伸ばしたい!」「理想の健康的な爪に伸ばしたい」「人前に堂々と出せるような綺麗な爪を伸ばしたい」という理想を爪矯正は叶えることができます。また、ピンクの部分を伸ばしたくても白い爪しか伸びないという経験はありませんか?爪のピンクの部分も爪矯正を行うことで伸ばすことができ、縦長の爪にすることができます。諦めていたコンプレックス爪も、爪矯正で理想的な爪になれます。

似ているけれど、別物な爪矯正を行うべき症状

爪の形は遺伝的なものが関係していることもありますが、小さい頃からの習慣で爪が伸びず、小さい弱った爪になっている方もいます。爪矯正で多く見られる症状が「噛み爪」「深爪」「毟り爪(むしりつめ)」の3つです。どれも幼少期からの習慣で、噛み切ったり、爪切りで切りすぎてしまったり、毟ったりして、本来伸びるべき爪の成長を妨げしまっています。爪が伸びるのを妨げてしまっているこの3つの症状は、爪矯正で改善することができます。爪矯正に通う前は見た目が似ているので、ご自分の爪の症状を間違えて認識してしまっている方も多くいらっしゃいます。理想的な爪を伸ばすには、まずどの症状でどのように爪矯正をしていくことが必要なのかを正確に知る必要があります。
爪矯正は症状によって改善ポイントは異なるため、自分の習慣や癖を知り、根本から原因を改善していくことが必要です。そして、爪が伸びない原因を正確に知ったうえで、爪矯正のプロと一緒に爪矯正を進めていき、治すことが大切です。一生ものの理想的な爪を手に入れたら、毎日綺麗に爪が伸びるのも楽しくなります。

 

 

爪矯正で爪と向き合うコツ

爪にコンプレックスをお持ちの方は、自分の爪を見たくないと思っている方も多いと思います。しかし、爪をきれいに伸ばすためには爪矯正で自分の爪と向き合い、自分の爪がきれいになっているという意識を持つことが大切になります。
爪は意識せずとも伸びてきていますが、一日に0.2mmのスピードで伸びます。そのため、爪矯正を始めてから理想の爪になるためには一定期間必要です。爪矯正のプロとタッグを組んで爪の伸びる速さに合わせて爪矯正を行うことで、健康的で理想の爪を手に入れることができます。爪矯正のプロと二人三脚で爪矯正を行うことで爪に向き合うこともでき、爪への意識を変えていくことができます。
爪矯正で縦長の爪にしていくことでコンプレックスも解消できます。

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT