NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

爪矯正で爪のお悩みを改善しませんか?

2021-07-29

 

《爪の矯正とはどんなもの?》

歯の並びを整えて、本来の骨格に揃えていくものが歯列矯正ですが、それと同じように爪にも爪矯正が出来るのをご存知でしょうか?
爪のピンク部分が短い、爪が広がった形になる、カーブがなく平たい爪の形…など爪の形が不恰好な場合も、実は爪矯正をする事で、本来の骨格に合った綺麗な形の爪にしていく事が可能です。
爪矯正をすると、爪のピンク部分が伸びた状態になったり、縦長のすらっとした爪の形に変わることができます。長年お悩みだった爪の形によるコンプレックスや、爪の見た目に関するお悩みも、爪を矯正していくことで変えていくことが可能です。
爪の形は生まれつきだから仕方ない、遺伝だから変わらないと思っていた方も、実は爪矯正により、理想的な爪に変わる事が出来るのです!

《爪矯正は痛くない?》

爪矯正と言うと、痛みがあるのか不安になる方もいらっしゃいます。歯の矯正の場合はワイヤーなどで押さえたり、引っ張る事で歯の向きや位置を変えていくため、一時的な痛みが伴う場合もあります。しかし爪矯正に関しては、無理矢理爪を押さえたり、引っ張ったりするわけではないため痛みを感じる事はほとんどありません。爪矯正の場合は爪の表面に樹脂などをつけていくこともあり、慣れないうちはそれが少し違和感になる場合もありますが、痛みを伴うことはありません。爪矯正といっても、爪の形を無理やり変えていくわけではなく、爪の成長する過程で、本来の形に近づくように導いていくものです。
爪先は毎日使う場所ですので、長年の癖や生活環境、手を使う習慣によって変化していきます。それを本来の綺麗な爪の形に導きながら育てていくものが爪矯正となります。

《爪矯正にかかる期間は?》

爪矯正をしたいと思った場合、どのくらいの期間がかかるのでしょうか。爪矯正をしていく場合、長年の習慣が爪についていますので、それを新しい習慣に変えなければいけません。今生えている爪は、矯正していくことは出来ませんのでこれから新しく生えてくる爪に対してアプローチをしていく必要があります。爪を本来の骨格まで伸ばして、形を整え、キープしていくための爪矯正の期間は約1年を要します。これは爪のターンオーバー、生え変わるプロセス、爪やそれに関わる習慣などの要素が関係するためです。あくまでも目安で、個人差はありますが、爪をしっかりと矯正するためにはそれくらいの期間が必要です。爪矯正は一朝一夕では改善せず、簡単には出来ない分、しっかりと取り組めば爪の新しい習慣を手に入れることができます!

爪矯正を専門とするネイルクリニークでは、爪の習慣をしっかりと変えていくサポートをします。プロによる爪矯正のアドバイスと施術で、一生ものの爪を手に入れませんか?

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT