NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

薄い爪は生まれつき?健康な爪に育てるには

2021-10-22

薄い爪の原因
薄い爪でお悩みの方はたくさんいらっしゃいます。薄い爪だと、割れやすく、深爪になる可能性もあります。薄い爪は爪が割れてしまうと、割れた部分はもちろんのこと、引っ掛けてしまい、また割れた部分から爪が避けていき、ピンクの部分が後退していきます。薄い爪は生まれつきよりも生活習慣による後天的な原因がほとんどです。薄い爪の原因の一つは乾燥です。日常生活で指先が乾燥するシチュエーションは幾つかあります。例えば、水仕事が多く頻繁に洗剤を使う人は、洗剤に指先や爪の水分や油分を奪われてしまい、爪が乾燥しやすくなり、薄い爪になる引き金となります。次に、ネイルを除去する際のリムーバーに含まれているアセトンは揮発性が高く、頻繁に使用すると、爪が乾燥してしまう為、薄い爪の一因となってしまいます。また最近では、手指のアルコール所毒で乾燥しやすく、薄い爪の原因になります。そして薄い爪の内的原因としては、栄養不足も考えられます。栄養バランスが偏った食習慣やストレスがあったりすると、薄い爪になりやすいです。

健康な爪に育てるには
薄い爪を健康な爪に育てるためにはどうすればいいでしょうか。外的要因の乾燥を防ぐためにはこまめな保湿が重要です。水仕事の際は、ゴム手袋を着けることを習慣づけましょう。そして、濡れた手はすぐに水気を取って、こまめにクリームで保湿することで、薄い爪に栄養を与え健康な爪に育てられます。

身体の末端にある爪に栄養を行き届かせる為には、身体が健康である必要があります。爪に栄養が十分に届けば、薄い爪になるのは避けられます。爪は髪の毛と同じタンパク質を主成分とするケラチンで出来ています。これらの栄養素が不足すれば、薄い爪の原因になります。食事から摂取したタンパク質は、筋肉や内臓などの生命維持に不可欠な部分へ優先的に送られます。手や足の指先は身体の末端になるため、血流が良くなければ栄養が届きにくくなってしまいます。爪に必要な栄養を取ると共に、指先への血流も良くしておくとさらに健康で強い爪になります。薄い爪を健康に育てるためには、バランスの良い食事、睡眠、適度な運動を心がけましょう。

NAIL CLINIQUEの爪育成で健康な爪に
薄い爪を健康に育てるには普段の生活習慣を改善する必要があります。一人でそれを変えようとするのはなかなか難しいですよね。NAIL CLINIQUEではお爪のパーソナルトレーナーとして爪のことはもちろん、食事や運動についてのアドバイスもしていきます。それらをお客様が実践していただき、薄い爪から健康できれいな爪に育てられたら、その習慣は一生お客様のものになります。私たちの爪育成は「お客様の爪を治す」のではなく、「お客様と一緒に爪を育てていく」ことです。薄い爪でお悩みの方はぜひ一度カウンセリングにお越しください。

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT