NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
お問い合わせ

角質が及ぼす身体への影響

2019-04-15

角質はなぜつくのか??

変換-~-変換-~-角質3

 

皆さんは足の裏の角質を気にしたことはありますか?春になり、ブーツやタイツを脱いで、素足になることも増えてくる方も多いと思います。そんな時、気になるのが角質です。お花見やお店のお座敷などで靴を脱ぐ機会も多いので、角質は綺麗にしておきたいところです。角質の多さに個人差はあるものの、誰にでも角質はつきます。角質ができてしまう原因は様々ですが、足の裏の乾燥やゆがんだ歩き方、足に合わない靴を履くことで、角質がついてしまうのです。角質を放っておくと、足裏のにおいの原因になったり、タコや魚の目になり痛みが出たりする場合もあります。「角質は見た目だけの問題」と思っていませんか?角質見た目だけの問題ではなく、身体に様々な弊害を生んでしまうことがあるので、常に綺麗で角質のない健康的な足元を保っておくことが重要なのです。

 

 

 

歩き方・履き物の見直し

 変換-~-歩く3

 

角質が増えてしまう原因で最も多いのは、「靴の履き方・歩き方」です。重心が偏っていたり、内股気味だったりと、歩き方は自分が気付かないうちに癖になってしまうことが多いので、ほとんどの方が間違った歩き方をしているという自覚がありません。また、靴を選ぶとき「自分に合う靴」より「自分がデザインを気に入った靴」を買ってしまいませんか?女性の場合は特に、靴を選ぶ際、のデザイン重視で購入してしまい、多少自分の足に合っていなくてもそのまま履き続けてしまう方が多いです。また、自分にピッタリと思って履いていても実はあっていないというパターンも少なくありません。驚くことに、足裏の角質のつき方で、その人の歩き方や、どんな靴を履いているかがわかってしまうのです。しかし、自分が正しい歩き方で自分に合った靴を履いているかどうかはわからないですよね。一度、プロに角質のチェックをしてもらうことをお勧めします。

 

 

 

足裏の健康=体の健康?!

変換-~-足裏2

 

足裏の角質を綺麗にし、健康を保つことは、身体全体の健康にも繋がります。足裏は身体全体を支える部分ですよね。角質があると、体もゆがんでしまいます。身体のゆがみ=骨盤のゆがみです。骨盤のゆがみは腰痛の原因になったり、そこから悪化し頭痛を引き起こしたりすることもあります。また、角質が悪化すると、タコや魚の目に発展し、痛みを伴うことがあるので、無意識のうちにその痛みをかばって歩くようになります。そうすると、余計に無理な姿勢で歩くことになるので、それも骨盤のゆがみの原因になります。角質などの足裏の状態がこのように身体に影響してくるとは、知らない方も多いかもしれません。「角質の有無で、そんなに変わるの?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、角質を除去し足裏を健康にすることで、足裏が地面にしっかりとつく感覚がわかります。この感覚が本来の正しい足裏の状態なのです。「足裏の健康=ゆがみのない健康的な体」ということです。足裏の角質を綺麗にすることも健康への第一歩だということを忘れないでくださいね。

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT