NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

「噛み爪」を改善するためには

2021-07-09

NAILCLINIQUE in 東京 
grand open

先行予約受付中!!

詳細はHPへ→nailclinique.net

噛み爪は単なる癖

あなたの「癖」はなんですか?髪を常に触っていたり、貧乏ゆすりをしたり…必ず1つは無意識に行ってしまう「癖」を持っていると思います。癖を治すことは、それほど簡単ではありません。「爪を噛んでしまう」という行為も一緒。癖の1つなのです。噛み爪の人は、幼少期から「爪を噛む」ということが習慣付けられ、爪を噛むと落ち着いたり、安心します。そうして習慣化している「癖」を自力で治すのが難しいのが噛み爪の特徴。癖によって引き起こされた噛み爪ですが、必ずしも癖がなくなれば完治するというわけではありません。噛み爪は癖によって引き起こすことが大半ですが、必ずしも癖がなくなれば完治するというわけではありません。噛み爪によって弱った爪は、癖を直し伸ばそうとしても、ひ弱な爪しか生えてこないことが多くあります。しかし、噛み爪矯正で改善する余地は十分にあります。その噛み爪改善のサポートやアドバイスをする役割をさせて頂くのが、爪の専門家です。

 

噛み爪によって引き起こされること

噛み爪によって、爪の細菌が身体に入ってしまう事が挙げられます。爪には様々な汚れが付着している事が多くあり、それだけ病原菌がいるという事です。その細菌が身体に侵入する危険性をはらんでいます。また、爪を噛む癖がある場合、周りのささくれなど皮膚を引っ張ってちぎってしまい、手荒れや化膿などのリスクが伴います。

また、噛み爪の 表面的なデメリットについても注意する必要があります。噛み爪で変形してしまった爪を気にして、人前で手を隠してしまったり、堂々と手を出せられない、印象が悪くなるなど、プライベートでもビジネス面でもマイナスがある事が多くなります。

 

噛み爪を改善するためには

噛み爪にお悩みの大半の方は、幼少期から爪を噛む習慣を持たれており、多くの場合は、噛み爪を改善しようと一念発起し、お越しになります。「癖」は、長年の習慣からくるものが要因です。したがって、いくらデメリットを理解していても、なかなか噛み爪の癖がやめられないという方が多いのです。噛み爪が治りにくいのは、このように「してはいけない」と強く言われる事で潜在意識に爪を噛む事が刷り込まれている場合、そして身近な人を見て、噛み爪の癖が無意識に刷り込まれている事が大きな原因になっています。そのため、意識では止めようと思っていても、無意識に行ってしまう日々の習慣になっている為、なかなか噛み爪の癖は治らないのです。爪も身体の一部。ダイエットや筋トレと同様、継続する事こそが成功への道筋です。地道な努力が噛み爪を改善し、健康的な爪を育てていくことが出来るようになります。

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT