NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

「美しく健康な足」を作るには??

2022-06-20

美しい足とは

美しい足になるには正しい足の爪のお手入れが必要です。まず「美しく健康な足」にはどうすればよいのか。ポイントは3つ!
①足の爪の長さを適切にすること
②たこや魚の目などの角質を作らないこと
足の爪にアートをやりすぎないこと
この3点です。ではどのような足の爪のお手入れをしたら「美しく健康な足」になることができるのでしょうか。
 

 

適切な足の爪のお手入れとは

皆さんは正しい足の爪のお手入れを行っていますか?考えやすいものとして足の爪の長さが挙げられます。あまり足の爪の長さを気にしたことがない方が多いと思いますが、実は足の爪の長さが正しくないと巻き爪や深爪など爪トラブルに要因にもなりかねません。足の爪の長さは指先と同じくらいの長さに整えておくことが大切です。それより短すぎると地面からの圧力を抑えきれず陥入爪になってしまったり、逆に足の爪が長すぎると靴の中で継続的に爪先が圧迫され負担がかかり、足の爪がでこぼこになったり、足の爪の根本に炎症を起こしたりします。またそれが悪化すると爪が変形し、二度と健康な爪が生えてこないなんてこともあり得ます。そうならないためにも足の爪の長さをしっかり気にしてあげてください。足の爪がぼこぼこしている方、足の爪が巻き始めている方は要注意!正しい足の爪の長さを心掛ける必要があります。足の爪が身体の健康にも大きく影響します。つまり、美しく健康な足になりたいのであれば、「美しく健康な足の爪」を手に入れる必要があります。足の爪が身体全体を支える大切な部分ですので、難しい場合は爪の専門家にしっかり足の爪のお手入れしてもらいましょう。
 
 

 
あなたの歩き方正しいですか?

実は美しく健康な足の爪を手に入れるためには、正しい歩き方で歩くことも必要不可欠です。ご自分が歩いている姿はあまり見る機会がないですよね。一度誰かに自分の歩いている姿を動画で撮影してもらってみてください。もしかしたら背筋が曲がっていたり、足裏の角質が邪魔をして真っ直ぐ歩けていないことがあります。歩き方は足の爪に非常に深い関わりがあります。自分の足に合った靴で身体の中心に棒を入れて、頭の先から引っ張られるようなイメージで下腹部に力を入れ背筋を伸ばし、足の付け根から足を前に出して歩く。これが正しい歩き方です。これらを意識すると身体も美しく、足も美しくなり、さらには足の爪の健康にも影響します。美しく健康な足の爪を作るならまず、自分に合った靴を履いて正しい歩き方で歩いてみましょう。

 

 

 

 

お問い合わせはコチラ

 

 

 

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT