NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

これは爪の横溝!

2022-04-18

爪の横溝ができてしまった。

 

気付いたら爪の横溝ができてる。いつからできたのかわからない。そんな方がお越しになることがあります。外的要因として圧迫や皮膚炎、ぶつけたりしてしまったことにより、爪の横溝が入る場合が原因の一つと言えるでしょう。その場合、多くは局所的に爪の横溝が現れます。また、高熱や薬による副作用や過労、過度のストレスなどの内的要因でも爪の横溝が起こる事があります。内的要因で爪の横溝ができた場合には、多くの爪に影響することが多くあります。

 

爪の横溝の症状はいつから?

爪の横溝から根本までの日数を計算してみると、どれくらい前の症状かおおよその目安がつきます。子どもの爪は早く伸び、加齢とともに遅くなると言われています。よく使う爪の方が早く伸びたり、冬よりも夏の方が1.5倍ほど早く伸びたりと、環境によって成長も様々ではありますが、一般的に爪は一日約0.1ミリメートルずつ伸びています。30日では、約3ミリメートル。爪が生まれ変わるには、約6ヶ月かかると言われています。

 

爪を健康するには?

 

 

 

爪の横溝をはじめとして、爪トラブルは、様々な要因が複合的に絡んでいる場合が多いです。一概に断定するのは困難だとも言われていますが、健康な爪を目指して、爪の横溝を起こさない為にも外的要因、内的要因の両面から気をつける必要があるでしょう。爪の横溝の内的要因として代表的なものとしては、疲労や過度なストレスが挙げられますが、爪の横溝を防止するだけではなく、健康で綺麗な爪を育てる為にも、質の高い睡眠、深い穏やかな呼吸、バランスの取れた食事を取ることが大切でしょう。特に、爪の横溝には、呼吸は非常に大切となり、深く穏やかに呼吸をすれば代謝も上がりやすくリンパや血流の流れも良くなります。爪は身体の末端にあり、リンパや血流の折り返し地点になるので、隅々まで滞りなく流れなければなりません。リラックス効果にもつながり、精神衛生上も前向きな働きをしてくれるので、ストレスの軽減にもなり爪の横溝の防止になるだけではなく、脳の活性化にも役立つのです。
特に爪の横溝を防ぐには、外的要因としての爪や指を酷使する事を避けるだけで、状態は随分変わります。爪を意識して物を持つだけで、爪の横溝を回避出来るだけではなく、手の仕草がエレガントで女性らしく見える効果も。また、足に合わない靴で圧迫されて爪の横溝が起こるのもよく見受けられます。爪の知識だけでなく、靴の選び方のアドバイスをしてくれる専門家に見てもらうことより、爪の横溝の防止にも繋がるのでお勧めですよ。足先が健康になる事で身体のバランスも良くなり、血流も流れやすくなる為、全て健康にも繋がり爪の横溝の回避にも繋がっていきます。このように爪の横溝の防止だけではなく、身体の健康の為にも一度ご自身の爪を見直してみられたらいかがでしょうか?

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT