NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

体の内側から健康な爪に

2022-02-23

 

健康な爪に必要なこと

健康な爪と聞くとどのような爪を想像するでしょうか。

爪のピンクが長い、縦長な爪、丈夫で割れにくいなど様々な条件が挙がるかと思います。

NAILCLINIQUEで大切にしている健康な爪の条件は「長さ」「厚み」「柔軟性」の3つです。

健康な爪には爪のピンクの部分と白い部分が適切な長さがなければいけません。爪のピンクが指先の先端の皮膚まであり、指先から1~2mm程度白い部分の爪になっていることで健康な爪と言えます。

また、爪の厚みがなければすぐに割れる・欠けるといった爪トラブルが起きやすい脆弱な爪になってしまいます。健康な爪のために爪の厚みは欠かせません。

そして爪の柔軟性は適度なたわみがあることと言えます。爪が乾燥した状態ではこの柔軟性はなくなってしまいます。

日々の水分補給や保湿のお手入れを習慣にすることで健康な爪に必要な柔軟性も保つことができるようになります。

この3つが揃うことで健康な爪であると言うことができるようになります。

 

身体の内側が爪に与える影響とは?

健康な爪にするために必要なことが、体の内側を整えることです。

健康な爪にするためには爪自体へのお手入れを十分にすることで良いと思われがちですが

爪は健康のバロメーターと言われるほど体の内側が現れます。

そのため体の内側を整えることで健康な爪に近づけることができるようになります。

爪は皮膚の一部なので、例えば甘いものや脂っこい食事をするとニキビができた!というお肌のトラブルと同じように私たちの食べるものも大切になります。

健康な爪のために必要な栄養はタンパク質とビタミンです。ビタミンは特にビタミンAとビタミンDが爪を作るためも働きをしてくれるものになります。

そしてタンパク質は爪を形成するために必要な栄養素になるので意識して食事に取り入れることで健康な爪にしていくことができます。

また健康な爪にしていくために体の内側で重要なことが血流です。

爪は体の末端にあり、一番血流が届きにくい場所になります。

しかし、爪に必要な栄養は血液中から補給しなければなりません。

食事を改善すると同時に血流の改善も行うことで爪に必要な栄養をきちんと届けることができるようになるので健康な爪にするために血流改善は欠かせないものになります。

血流改善の方法は適度な運動や寝る前のマッサージなどが効果的です。

血流改善することで爪に栄養を届けることができるだけでなく、

体に老廃物が溜まりにくくなり体全体を健康にしていくことにもつながります。

 

NAILCLINIQUEで体の内側も健康に

NAILCLINIQUEでは健康な爪を育てるために食事や血流などのアドバイスを行うことで

体の内側も健康にしていくことができます。

その結果、爪だけでなく体も健康になることで疲れにくくなった、ダイエットにつながったという嬉しいお声をいただくこともあります。

健康な爪にしていくために体の内側に関するアドバイスも行うことで

健康な爪の条件である「長さ」「厚み」「柔軟性」のある爪にしていくことができるのがNAILCLINIQUEになります。

健康な爪にしたいという方はぜひNAILCLINIQUEにお越しください。

 

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT