NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

小さい爪が気になる方へ

2021-10-01

小さい爪になる原因
みなさん、ご自身の爪が小さい爪だなぁと気にしたことはありますか?爪の大きさは生まれつきの骨格によって変わるため、人それぞれ骨格が違うように、爪の大きさも千差万別です。ですが、何らかが原因で爪がもともとあるべき大きさよりも小さい爪となってしまうこともあります。小さい爪になってしまう原因として特に多いのは、爪の噛み癖むしり癖、また爪切りを行う際に深く爪を切りすぎてしまうことによる、ネイルベッドの後退です。爪は白い部分とピンクの部分の境目付近ギリギリで切ったり、噛んだりすることで、ネイルベッドがその度に少しずつ後退し、小さい爪になります。また、爪先をぶつけたり引っ掛けたりすることが複数回重なると、爪の剥離が起こり、それもネイルベッドが後退して小さい爪になる原因となります。このように、生まれつき小さい爪というわけではなく、後天的に小さい爪になる場合もあるのです。では、小さい爪が大きくなるとどんなメリットがあるのか、小さい爪の大きは変えられるのかをご紹介していきます。

小さい爪が大きくなるメリット
小さい爪は女性であれば、女の子らしく華奢で可愛く見えますよね。ですが、あるべき大きさにしてあげることで、よりメリットになることが増えます。例えば、手元の小さい爪が大きくなると、物が掴みやすくなったり、力が入れやすくなる、細かい作業がしやすくなるなどがあります。足元の小さい爪が大きくなると、こちらも力が入れやすくなり、そうすることで踏ん張りがきき、足が疲れにくくなる他、足の筋肉がついて正しい歩き方がしやすくなります。また、バランスが取りやすくなることで、体の歪みを予防することができ、頭痛や肩こり、関節痛の未病を防ぐことにも繋がります。小さい爪というと、手元ばかり気にしがちですが、足元の小さい爪を大きくすることは健康への大きなメリットにもなるんです。とくに、合わない靴などで圧迫されがちな足の小指の爪は、小さい爪になりやすいですが、体のバランスや筋膜が肩甲骨に繋がっている大切な器官のためとくに大事に育ててあげたいですね。もし、肩こりや関節痛などでお悩みの方は、一度ご自身の足の爪が小さい爪になってしまってないかの確認や、靴が合ってるかの確認をしてみてください。

小さい爪に私たちができること
小さい爪を大きい爪に改善していくことで、様々なメリットがありますが、実際どのように小さい爪にを大きくしていけばいいのかわからないですよね。ご自身で小さい爪を大きくしようと頑張った方たちが口を揃えていうのは、爪を伸ばすことはできたが、ネイルベッドの長さは変わらず、白い部分だけが伸びたということです。そこでNAILCLINIQUEでは、世界初の爪矯正特許技術による独自のプログラムにより、爪を伸ばしつつネイルベッドをも育てることができます。小さい爪もネイルベッドが育つことで、長く見え、より美しく健康的な爪へと近づけることができます。小さい爪の改善と合わせて、長年噛み癖やむしり癖を治したいと考えているお客様たちの癖の改善も行っています。お客様それぞれの理想のお爪に合わせて、さまざまなアドバイスをさせいただきますので、小さい爪意外にもお悩みがあればご相談くださいね。

 

お問い合わせはコチラ

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT