NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

深爪は治る?

2021-11-05

深爪とは
深爪は爪を深く切りすぎたり爪が割れることによりピンクの部分が後退し、爪が小さくなってしまう症状です。爪が指先の先端の皮膚よりも短い状態のことを言います。一度爪を作る部分が損傷してしまうと再生が難しく、今以上に爪の状態が悪くなったり、ずっと深爪のままになったりする可能性があります。また、爪だけでなく周りの皮膚や、ささくれなどを引っ張ってちぎってしまうと、手荒れや化膿などのリスクまで伴うのが深爪の症状です。深爪自体は人に迷惑をかけるわけではないので悪いことではありませんが、他人からも顔の次に目につく場所が手元なのです。深爪を放置しておくと、印象が悪くなる、人前で堂々と手を出せず、自分に自信が持てないなど、日常生活にもビジネス面でも深爪によるマイナスな影響がある事が分かります。

深爪は生活習慣から引き起る
爪が一度短く割れたくらいでは深爪になってしまうことはありませんが、常に爪が短すぎる状態が続くとそれが爪のスタンダートとなってしまいます。深爪の原因は爪の「習慣」にあります。深爪を改善していこうと思ったら、この爪の習慣を深爪でない習慣に変えていくことが重要になってきます。一度改善した深爪が元に戻ってしまった、というお話をよく伺います。見た目を良くしただけで根本的に爪質や癖が改善されていなかった為に、深爪が元に戻ってしまったと考えられます。深爪の爪がただ伸びただけでは爪のピンクの部分が伸びることはなく、脆弱な状態なので元に戻ってしまうのです。また、なぜ癖が起こるかという事を知らずに、癖を改善し、深爪を治すのは非常に困難です。深爪改善の為には、爪を育てるプロセス、癖の仕組み、元に戻らない方法などといった多方面からアプローチしていく必要があるのです。

深爪矯正で健康できれいな爪を手にいれる
このように爪は、日々の習慣によって変化しますので、深爪矯正でその習慣を変えてあげれば、爪の状態は変わっていくことができます。深爪矯正で重要なのは「爪質を改善し、リバウンドしない爪を作る」こと。自分で深爪の癖を直すにはかなりの努力が必要になる為、深爪の根本的な改善の為には、爪の専門家に相談するのが有効です。せっかく時間やお金をかけて育てた爪も、深爪に戻ってしまえばそれは全て無駄になってしまいます。NAIL CLINIQUEの深爪矯正は爪の見た目だけの改善ではなく、深爪の原因である習慣や癖を根本から改善し、一生健康できれいな爪に育てていきます。

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT