NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

爪が変形した…爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)

2021-05-13

意外と多い爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)

どんどん爪が変形してきた…という方いませんか?爪が変形してきたという方は爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)の可能性があります。爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)は爪が変形する症状の一部で、主に足の爪に出ることが多いです。この爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)という爪トラブルでお悩みの方は、意外と多くいらっしゃいます。痛みがないからといってそのまま放置しているとどんどん悪化していき、元の健康な爪に戻るのが難しくなってしまいます。加えて、爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)で変形した爪が靴に当たり爪自体が皮膚に刺さって炎症を引き起こします。繰り返すうちに悪化し、靴も履けないほど肥大してしまうこともあります。また、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形で足の爪が極端に肥厚してしまうと、歩行困難、腰痛、巻爪爪カビ・真菌といった二次症状がはじまることもあります。

 

爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形の原因は?

元々、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形の原因は不明とされていましたが、爪が変形してくる原因の一例としては、爪甲の横側が皮膚に支えられておらず、自由に伸びてしまうことにより、横や上に生えてしまっている状態です。これにより厚みが増し、靴を履いた時に押さえつけられ、痛みが出てしまいます。自分で爪側面のカットを繰り返し、自己流のカットを繰り返すことによりさらに爪が変形してきます。爪横の切れない箇所の爪の突起が伸びてくるたびに、皮膚に食い込み炎症を起こします。

近年ではパンプス等の足に合わない靴を長期的に履くことによって起こったり、何度も強く打ち付けるなどが原因で起こる場合もあります。爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形が疑われたら、痛みなどのない早めの段階のうちに、専門的なサロンで適切な長さや形を整えてもらい、悪化させないことが大切です。

 

爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形の対処方法は?

なぜ爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)を引き起こしてしまうのでしょうか?まず、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形になってしまう前に、合わない靴を履いていないか、正しい歩き方であるいているか、確認してください。膝を曲げないように、かかとから足先をおろすような足運びをすると身体の軸も整い、歩き方も美しくエレガントに見えます。爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形になってしまったら、歩き方だけではなく、生活習慣の改善なども必要となる場合があります。

早期改善の為には、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形を何とかしようと、自己判断でのお手入れで余計に悪化してしまうなんてことのないように、痛みなどのない早めの段階で、専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形の場合は、元々原因不明とされていたくらいの症状でもあり、数ある爪の症状の中でも、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形は病院では治してもらえません。爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形は、生活習慣から見直さないと改善されません。

爪の分野というのは、命に直接関わる部分ではないので、研究があまり進んでいないのが現状です。そのため、爪を専門的に扱う機関は少なく、爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)になってしまっても、どうしたらいいのか悩んでしまっている方も多くいらっしゃいます。私たちNAILCLINIQUE は、5万件の施術歴を持っており、知識豊富な専門機関です。数ある爪の症状の中でも、爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)は施術者の正しい知識が非常に重要になってきます。爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)になってしまったら、経験と実績のある専門家のアドバイスの下、適切なお手入れと原因の排除で、軽やかな一歩を踏み出してください。

 

 

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT