NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

爪のでこぼこと向き合いましょう

2022-06-18

爪のでこぼこ、ありませんか?

皆さん、爪のでこぼこはありませんか?爪の表面を触ってみてください。でこぼこしていませんか?NAIL CLINIQUE(ネイルクリニーク)で爪のでこぼこを緩和したいと爪育成を行なっている方は多くいらっしゃいます。では、爪のでこぼこはどうしてできてしまうのでしょうか。爪育成をしたいとご来店のお客様とお爪を見せていただくと気づいたら表面がでこぼこになっていたという方がほとんどですが、爪育成にあたり爪の専門家とカウンセリングをすると爪のでこぼこの要因はいろいろと出てくる事があります。爪のでこぼこが直接生活に支障をきたしたり、命にかかわったりすることはありませんが、それはそのままにしておいて良いのでしょうか?NAIL CLINIQUE(ネイルクリニーク)の爪育成で爪のでこぼこは緩和する事ができるのです。
 
 
 
爪のでこぼこの要因と緩和策

まず、足爪のでこぼこの要因の一つとして足爪が伸びすぎて爪先が靴に当たってしまい、爪の根元の部分に負担がかかり、爪のでこぼこができる場合があります。手足の爪の根元には、爪を形成する上で非常に大切な心臓部分があります。臓器の心臓と同じで、爪の心臓部分もそこにダメージが加わると爪のでこぼこをはじめ爪全体がだめになってしまいます。心臓はほかの臓器の中でも一番大切な部分ですよね。爪も同様、そこに負荷がかかると、爪のでこぼこなどのさまざまな症状が現れてしまいます。爪育成をせずに爪のでこぼこ状態を放っておくと、二度と正常な爪が生えてこない可能性もあり得るのです。二次的な爪トラブルを避けるためには少しでもおかしいなと思ったら、早めに爪の専門家に相談して、健康な爪を取り戻す爪育成の第一歩を踏み出しましょう。爪育成を始めるのに早いはありません。爪の専門家は爪のプロですので、爪のでこぼこの原因を分析し、お客様にあった正しい靴の選び方や正しい歩き方などを伝授し爪育成をしていきます。爪の専門家の適切な爪育成と、お客様の適切なホームケアが合わさって初めて健康で綺麗な爪を手に入れることができるのです。爪のでこぼこ、爪育成を始めて私たちと一緒に健康な爪にしてみませんか?
 
 
爪育成で爪のでこぼこを緩和して前向きに!

爪のでこぼこ、「そこまでひどくないから、このままでいいや」と思っていませんか?実は、爪は心と密接な関係があるのです。足の爪は普段あまり見ることはありませんが、手の爪は特に目につきますよね。そんな爪のでこぼこなどのコンプレックスがあると、やはり心のお荷物になってしまいます。男女関係なく、手元が綺麗だと清潔感があり上品で好印象を与えます。爪矯正爪育成をして爪のでこぼこを治し、周りから良い印象を持たれると、自信にも繋がり、心が自然と元気になります。実際に爪育成をして「自分に自信がついた」「爪育成で理想の自分を手に入れることができた」「爪育成を始めてさらに新しいことに挑戦しようと思えるようになった」などのお声を日々伺っております。あまり爪を意識したことがなくても、爪育成をして爪を綺麗にしてみたら毎日の生活が一変するかもしれません。大げさかもしれませんが、NAIL CLINIQUE(ネイルクリニーク)でも、お客様の中に、爪育成の通い始めは寡黙であまり明るくなかった方が、爪のでこぼこが緩和され爪が綺麗になっていくにつれて、お客様自身も明るくポジティブになられた方がいらっしゃいます。爪のでこぼこなんて「別に生活に支障がないから爪育成をせずこのままでいい」と思わず、爪育成をして今より綺麗な手元を手に入れ、心からさらに健康になってみませんか?爪育成は綺麗なお爪をだけでなくお客様の前向きな心も育てることができるのです。まずはお気軽にカウンセリングまでお越しください。

 

 

 

お問い合わせはコチラ

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT