NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

爪の老化現象を防ぐ3つの方法

2021-02-12

 

爪も老化するというのはご存知でしょうか?
ズバリ、爪の縦線が爪の老化現象にあたります。
でも諦めてはいけません。
この爪の老化は防ぐことが可能です。
その具体的な方法をお伝えしていきます。

爪の老化現象とは?

 

1612771807939

 

爪の老化現象として現れるのが、爪の縦線です。これは、皮膚にシワが増えてくるのと同様に、爪のシワと考えていいでしょう。年齢を重ねるにつれて出現しますが、内的、外的な乾燥や脂質不足も爪の縦線、つまり爪の老化現象の原因といわれています。そもそも爪はケラチンというタンパク質で出来ており、髪の毛と主成分は同じです。髪の毛も乾燥や脂質不足でダメージを受けやすいのと同じように、爪の老化現象にも良い影響を与えません。しかも、爪の乾燥や脂質不足は、他の爪トラブルの原因にもなり得ますので、対策をした方がよいでしょう。

爪の老化現象は防げる?!

 

1612771809383

 

前述の通り、乾燥が爪の老化現象の原因になります。したがって、乾燥を防ぐことが、爪の老化現象を防ぐことが一つの方法になります。あわせて、その他にも爪の老化現象を防ぐ方法をご紹介します。
① 保湿
② 血流を良くする
③ 栄養バランスの良い食事
乾燥する前にハンドクリームやキューティクルオイルなどで保湿をして頂くのが爪の老化現象防止に効果的です。また、保湿して爪の老化現象を防ぐだけでなく、クリームやオイルを塗るのはマッサージ効果もあります。血行促進・リンパ促進・新陳代謝上昇・リラックス効果など、様々な良い影響を身体に与えてくれます。また、脂質の摂取量が不足すると、爪の老化現象の原因になるだけではなく、エネルギーが不足して疲れやすくなったり、体の抵抗力が低下したりする事があります。その脂質を吸収する為には、栄養が偏らないようにバランスよく摂る事が必要です。あわせて、ジャンクフードなどはなるべく避けて、食事の質を上げる事を意識する事が、爪の老化現象を防ぎ、綺麗な爪を育てていくのに役立ちます。爪と身体には密接な関係があります。食材をバランスよく摂取することによって、内臓の働きも活発になり、隅々まで栄養素が届くので、爪の老化を防ぐだけではなく、爪を伸ばすのに効果的なのです。さらに、内臓の働きが活発になるということは、血流の流れも活発になります。すると、万病のもとである冷えの改善にもなります。つまり、爪の老化現象を防止して、爪の健康を保つことは、身体の健康を保つことへ繋がっています。

爪の老化を防止、改善するメリット

 

PicsArt_02-08-05.13.18

爪は視界に入りやすい部位です。そして、他人からも目につきやすい場所が手元です。したがって、爪の老化現象である爪の縦線が改善され、手元が綺麗になると、他人からの印象が格段に良くなります。逆に手元にコンプレックスを持っていたり、清潔に保たれていないと、何事にも消極的になってしまい、気持ちも落ち込んでしまう傾向が多く見られます。爪の老化現象が改善されて健康的な爪を手に入れることにより、外見だけではなく、気持ちまで前向きになるのです。つまり、爪の老化現象の改善だけで、気持ちが前向きになり、周囲からの評価も変わり、自信がついてくるのです。爪は身体全体を見ることのできる「窓」です。朝起きて窓の外を見るように、爪も毎日見てあげてください。きっと、身体の不調や弱っている部分を爪の症状が教えてくれます。
美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT