NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

爪を強くする方法

2021-06-30

NAILCLINIQUE in 東京
grand open
先行予約受付中!!

詳細はHPへ→nailclinique.net

ー・ー・-・-・-・-・-・-・-・-

爪を綺麗に伸ばしたくても薄く、割れやすい。
そんなお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?
今回は、ご家庭でご自身でも出来る爪を強くする方法をお伝えします。
まず爪が薄く、弱いのは生まれつきではない場合が多いのです。
諦めずにぜひ爪を強くする方法をお試しください。


爪について

まず爪とは、皮膚の角質層で、ケラチンというたんぱく質が主成分です。
爪の伸びる速さは個人差がありますが、1日に約0.1ミリ程度と言われており爪全体が全て生え変わるまでには、半年くらいかかります。また、足の爪はさらにその倍の時間がかかります。
したがって、爪を強くする為には、すぐ結果に繋がるのではなく時間をかけケアをしていくことがとても重要です。
また、爪の役目として、指先を守る事と指先の動作時の支えになる事、足の爪は足先に力を入れ、バランスを取ることです。
爪を強くする事で、これらの役目を存分に発揮出来るようになるのです。
また、爪は「健康のバロメーター」とも言われ、身体の栄養や血流状態が爪の色や形に現れ、未病の発見につながる事もあります。

爪を強くする為の原因追及

爪を強くする為には、なぜ爪が脆弱になるのか原因を知りましょう。
爪は本来、指先を守る役目を担っている旨を先程お伝えしました。
その為、爪は固くて丈夫である必要があります。原因として、考えられる事は幾つかあり、まず考えられる要因は、乾燥と栄養不足です。
そもそも爪は皮膚の一部です。爪を強くしたいのに乾燥や栄養不足では爪に悪影響になります。
また爪の水分量は、12〜16%とされており、環境などにより減少することもあります。
手は身体の中でも外的刺激にさらされる機会が多く、爪は手や肌のように感覚がない為に乾燥に気付きにくい場所でもあります。
また、身体も髪も爪も、あなたが食べた物から出来ている為、栄養バランスが崩れると爪が脆弱になるのは容易に想像が出来るでしょう。
爪を強くするには、乾燥や食事を意識することも必要です。
爪を強くするためにもこれらの原因を排除する必要があります。

 

爪を強くする方法

 

① 栄養
爪を強くする大前提として、身体が健康であることが非常に重要です。爪は大事な器官でありますが、生命に直接関わるわけではないので、栄養が運ばれてくる優先順位は低いのです。したがって、爪を強くする為に栄養バランスを心掛ける必要があります。

② 指先のマッサージ
栄養を十分に摂っても、指先まで栄養素が運ばれないと効率的に爪を強くすることは難しくなります。指先のマッサージをすることで血行を良くし、爪を強くする為に必要な栄養素を運びやすくします。また、適度な刺激は爪の成長を促しますので、意識的にマッサージを行うことが、爪を強くするのには効果的です。

③ 保湿
先程もお伝えした通り乾燥は爪に大敵です。
まずは乾燥を防ぎ、爪を強くする為、クリームとオイルをしっかりと塗布してください。
爪を強くする為には、爪やその周辺を乾燥から守ることが非常に重要です。

また過度な指先への負担も意識するとより爪を強くし成長にも繋がります。
どれも難しいことではなく、日常で意識し取り組める方法です。
意識し行動することで爪のケアが習慣化され、爪を強くするのに一歩近づく事が出来るのです。

 

 

お問い合わせはコチラ

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT