NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約

爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)に治療はあるの?

2022-04-27

爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう) 意外と多い!

爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)という言葉を聞いたことがありますか?聞きなれない方も多くいらっしゃると思いますが、この爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)という爪トラブルでお悩みの方は、意外と多くいらっしゃいます。爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)とは、 爪が指に沿わず、上、横、斜め、右往左往に向かって伸び、岩のように肥大する症状のことです。 通常、爪の根本より下にまだ隠れていて表出していない部分であるマトリクスでつくられる爪が、指先に向かって大きく分けて3層となって伸びていきます。爪のすぐ隣の皮膚であるサイド ウォールや爪の根本と皮膚の間の部分のキューティクルなどで支えられなくなり、変形して生えてきます。加えて、爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)で変形した爪が靴に当たり爪自体が皮膚に刺さって炎症を引き起こします。繰り返すうちに悪化し、靴も履けないほど肥大してしまうこともあります。また、足の爪が極端に肥厚してしまうと、歩行困難、腰痛、巻爪・爪カビ・真菌といった二次症状ご起こることもあるのが、爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)の症状です。

爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)の原因

 

元々、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形の原因は不明とされていましたが、最近ではパンプス等の足に合わない靴を長期的に履くことによって起こったり、何度も強く打ち付けるなどが原因で起こる場合もあります。
まず、爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形になってしまう前に、合わない靴を履いていないか、正しい歩き方であるいているか、確認してください。膝を曲げないように、かかとから足先をおろすような足運びをすると身体の軸も整い、歩き方も美しくエレガントに見えます。爪甲鉤湾症(そうこうこうわんしょう)爪の変形になってしまったら、歩き方だけではなく、生活習慣の改善なども必要となる場合があります。悪化すると、歩けなくなるほどの傷みを伴う場合もあります。
爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)が疑われたら、初期段階で、専門的なサロンで診てもらうことをお勧めします。初期段階で 適切な処置ができれば、改善の可能性はあります。しかし、爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)の症状が進んでしまうと改善の可能性が低くなってしまいます。

爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)の改善

 

爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)になってしまったら、専門家に診てもらい適切な処置を行うことがなにより重要とお伝えしてきました。自己判断でお手入れをしてしまい爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)が余計に悪化してしまった、なんてことも多くあります。専門家のアドバイスを受け、靴や生活環境の改善などが必要になってくる場合もあります。爪の分野というのは、命に直接関わる部分ではないので、研究があまり進んでいないのが現状です。そのため、爪を専門的に扱う機関は少なく、爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)になってしまっても、どうしたらいいのか悩んでしまっている方も多くいらっしゃいます。NAILCLINIQUE では、5万件の施術歴を持っており、知識豊富な専門機関です。爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)の改善実績も多数あります。わからないことも多い爪の世界で、独自に研究を進め特許を取得しました。数ある爪の症状の中でも、爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)は施術者の正しい知識が 非常に重要になってきます。爪甲鉤彎症(そうこうこうわんしょう)になってしまったら、経験と実績のある専門家のアドバイスの下、適切なお手入れと原因を排除し、軽やかな一歩を踏み出していきましょう。

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT