自爪育成で爪の形が変わる?

2022-07-15

 

自爪の変形や自爪の形が悪いなども解決できる?

自爪が丸くなっていたり、自爪がでこぼこしている、などの爪の変形やトラブルも自爪育成をすることで解決していく事例が多数あります。爪の形は本来、指先の骨格や骨などに由来します。骨格自体は自爪育成でも変わりませんが、その上にある爪は骨格に沿って形成されているので、外傷や何かしらの先天的トラブルがない限りはピンク部分が指先のお肉の部分まであり、自然なカーブがついた、横幅よりも縦幅の方が長い状態であることがほとんどです。自爪育成をすることで、この本来の骨格に沿う形に育てていくことが可能です。自爪が変形している場合も、形が丸くなったり、平らになっていたりする場合も、自爪育成をすることで本来の骨格に育てることが可能です。自爪育成では爪の変形や形を変えることも出来るのです。

 

自爪育成で変わらない爪はある?

爪は基本的にはどんな爪でも自爪育成することが可能ですが、例外もあります。例えば、外的要因によるものとして、ケガや外傷などが挙げられます。爪先や爪のお肉の部分がえぐれるくらい深い傷を負った場合や、爪を作る場所(爪母)を損傷した場合も、今後生えてくる爪に大きな影響を与えてしまいます。爪が乗っている土台であるピンク部分は、そこに沿って爪が伸びるので、土台が平らでない場合は爪も平らにはならなくなります。爪を作る場所(爪母)は爪の命部分ですので、その部分の損傷は生えてくる爪にダイレクトに影響します。ケガで爪母部分まで損傷した場合はそこの部分だけが線やデコボコの筋になってしまう・・・というのもケガに由来するものですので、自爪育成をしたからといって、元の爪に戻るとは言い切れません。自爪育成で変わる場合もありますが、爪の損傷などに関しては修復できない事例もあります。しかし元の状態に戻すことは難しくても、悪化を防いだり、緩和に導くことが自爪育成で可能な場合があります。

 

自爪育成で出来ること

自爪育成は、爪を本来の骨格に沿って育てるものです。爪は日常の生活や、指先の使い方、健康状態などで変化していきます。今の爪が生まれつきであるとは限らないのです。自爪育成では、別人のように指先が変わる場合もありますが、それは自爪育成により本来の骨格に爪が戻ったということ。自爪育成で健康な爪になり、指先までしっかりと爪がある状態を取り戻せます。自爪育成により、爪が健康になり、厚みがしっかりとあるしなやかな爪になれば、日常的に爪が割れてしまったり、引っかかってしまうなどの小さなストレスもなくなります。また、自爪育成できれいになった指先は、それだけで自信が持てますし、何より自分に触れる指先がきれいなことは気分が良いものです。自爪育成で爪を育て、本来の骨格まで爪を育てるには、なかなか一人では難しいもの。そんな時には爪専門店である私たちにお任せください。自爪育成を通して、お客様の指先をサポートし、自爪育成だけでなく健康な身体と心を保つお手伝いをしていきます。

 

 

 

 

 

NAIL CLINIQUEとは

 

世界に類のない【爪のパーソナルトレーナー】です。

爪自体の役割を理解し、爪から健康・美容をサポートしていく

新ジャンルサロンです。

 

通常のネイルサロンとは違い、爪本来を健康的に育て、

爪の役割を最大限に生かせる様にお客様の爪先から健康をサポート。

 

爪再生のパイオニアでもあり、世界初の特許技術

【爪矯正】【爪育成】

という爪自体を育てるメソッドを開発し、

爪の習慣や爪質の改善をするための様々なアドバイスを行い

健康に導きます。

 

ですからNAIL CLINIQUEでは根本改善をしていくため、

一時的な綺麗な爪ではなく、一生物の健康な爪にすること

を目指していきます。

 

爪に関してお悩みがございましたら、

是非カウンセリングにお越しください。

 

 

⇩関連するおすすめ記事はこちら⇩

自爪育成で爪をキレイに!

美しい爪健康な爪基礎知識