NAIL CLINIQUE

名古屋
東京
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

深爪矯正で爪が縦長に変わる理由

2021-08-07

深爪も縦長の爪になれる

深爪は指先の先端の皮膚よりも爪が短い状態のことを言います。本来爪は、指の先端のお肉のところまであり、ピンク部分もそこまであるような作りになっています。爪のプレートとお肉の皮膚の部分がしっかりとくっついている状態であれば、ピンクの部分が縦長な爪に見えますが、何かしらの原因でその部分が離れてしまうと深爪の状態となってしまい、それが慢性化すると深爪の状態が普通になってしまいます。日常の生活などで爪の負担は蓄積されてしまいますので、本来の骨格よりも爪のピンク部分が短くなってしまうことが起こります。逆を言えば、いつも爪とお肉がしっかりとくっついた状態で爪があれば、縦長な爪になることができるのです。このように爪は、日々の習慣によって変化しますので、深爪矯正でその習慣を変えてあげれば、爪の状態は変わっていくことができます。

 

深爪矯正をする際に気をつけること

深爪矯正は、深爪を縦長な爪に変えていくことができます。ただし、爪の成長スピードや普段の指先の使い方によってその成長具合は変わってしまいます。爪は通常一日に0,1ミリ伸びます。深爪の場合であっても2~3ヶ月すれば、指の先端まで爪が伸びてくるでしょう。しかし、気をつけたいのはただ爪が伸びれば良いわけではない事。深爪矯正をして爪が指先の部分まで伸びたとしても、それだけでは深爪矯正の成功とは言えません。爪が健康な状態のものに生え変わり、爪とお肉がくっついた状態が定着しないと、また深爪に戻ってしまう可能性が高いです。深爪矯正の期間としては爪が生え変わるまでを考えると、約6ヶ月はかかります。ただ深爪を伸ばすのではなく、根本的に深爪を直したい場合は生え変わり期間の最低6ヶ月は必要ということになります。

 

深爪矯正で縦長な爪になるには

深爪矯正は爪の生え変わり期間は最低時間を要します。今まで爪についた習慣を変えていくのですから、ある程度の期間は必要になることは予想されますよね。爪の成長に合わせて、適切なお手入れと、爪を育てるアプローチをしてあげることで爪はしっかりと育ってきます。深爪矯正で爪に正しくアプローチができれば、爪が健康になり、指先の皮膚の部分とくっついて縦長な状態に伸びていきます。伸びていく過程で、せっかく伸びてきた爪の先端と皮膚が離れてしまわないように、指先と爪先の使い方にきをつけること、爪先の皮膚が乾燥しないようにすることは深爪矯正を成功させるために必要なことになります。
深爪矯正で縦長な爪になるためをまとめると、爪と皮膚がきちんとくっついた状態になるように育てること、そのことで深爪が縦長に変わることが言えます。ただし、それはすぐにはそうならず、一定期間が必要なこと、爪先の使い方や爪がきちんと育つようにアプローチが必要なことが言えます。

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT