NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

足の自爪ケア

2020-06-07

足爪のトラブル「陥入爪」

変換 ~ 1

 

陥入爪とは、爪の側先端が食い込み、場合によっては炎症や激しい痛みを伴う、足爪のトラブルです。爪測先端を短く切りすぎた状態で歩くため、地面からの圧力を爪で抑えきれず、皮膚に食い込んでしまっている状態です。陥入爪のような足爪トラブルは、皮膚の炎症から細菌感染や化膿などを引き起こし酷くなっていくことが、往々にしてあります。陥入爪の症状が見られたら、炎症が起きる前に爪の専門家に相談することが大切です。

 

 

 

足爪の役割

変換 ~ 2

 

陥入爪の改善の為にまず、足爪の役割を知っておくことが、役に立つでしょう。足爪は人が生活する上で、なくてはならないものです。「歩く」「走る」「蹴る」「ジャンプする」「バランスをとる」など、これらは全て、足爪があるからこそ出来ることなのです。人が地面に立つとき、反発力は地面から受けます。足爪がないと、その反発力を抑えることが出来ず、立つことすらできないのです。健康な足爪があることでしっかりと地面からの力を受け止めることが出来る為、「歩く」「走る」などの動作が可能になるのです。もし、爪を短く切り過ぎていると、受けた力で爪の先が皮膚に入り込んでしまいます。それが陥入爪の原因になります。また足爪が窮屈な環境下におかれると、爪は平らに広がって力を受け止めることができません。端が丸まったままで歩く度に力を受け続けることにより、陥入爪を引き起こすこともあります。爪が最適な状態で役割を最大限に発揮できるよう、生活習慣や靴などを見直すことが陥入爪の改善には必要不可欠です。

 

 

 

陥入爪になってしまったら?

変換 ~ 588587_s

 

陥入爪は、適切でない爪のお手入れや合わない靴を履くことが原因となります。自己流のケアで悪化してしまう前に陥入爪の症状を爪の専門家に見てもらうのが適切でしょう。NAIL CLINIQUEでは、膨大な臨床データに基づき開発した世界初の爪矯正特許技術と、独自開発の爪矯正材を用いて、陥入爪の解決にあたります。適切な爪の形・長さに育てることで、陥入爪を改善が可能になるのです。また、陥入爪の場合は特に、靴の選び方などが非常に重要になります。陥入爪の原因になった靴自体を選び直さないと、陥入爪の根本解決は困難です。また、陥入爪は、爪の生活習慣病とも言われており、ライフスタイルやホームケアを見直していく必要があります。したがって、陥入爪の改善の為、靴の選び方や履き方だけではなく、ライフスタイルに合わせた日々のホームケアまでのアドバイスを爪のプロフェショナルから受けることが、陥入爪の改善の成功には大切になってきます。陥入爪にお悩みの方は、一度爪のプロフェッショナルに相談してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT