NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

反り爪

2020-05-02

反り爪とは?

変換 ~ 1

 

反り爪とは、その名の通り、爪の表面がくぼんでいるような状態で先端が中央より高く、反っているような状態です。健康な爪は、下に向かって生えてくるのですが、反り爪の場合は上に向かって生えてくるので、伸びてくると先端が引っ掛かりやすく、割れやすくなってしまいます。反り爪の原因は非常に様々で、特定することは困難です。よく挙げられる反り爪の原因は、爪が薄い、鉄分などの栄養不足、指先に力を入れる作業による負荷、服用している薬の副作用などが挙げられますが、これらの原因が複合的に重なり合って反り爪の症状が現れることも多い為です。深爪、噛み爪など他の症状の場合ももちろんですが、特に反り爪はカウンセリングが重要です。生活環境や健康状態など、ご自身を取り巻く全てのことを考慮して反り爪の原因を探っていく必要があります。

 

 

 

反り爪の改善は出来る?

変換 ~ 2

 

反り爪は、ご自身の健康状態などの様々な要因が複雑に絡み合って起こることが多いため、外的アプローチだけでは大きな変化は見られにくい場合があります。つまり爪だけにアプローチをかけても反り爪改善は難しいということです。反り爪を少しでも改善するためには、爪育成による外的アプローチだけでなく、食事・運動・睡眠などの内的アプローチが改善のポイントになります。反り爪は、完治が難しい症状ではありますが、これ以上悪化させないためにも、爪と身体のことを知り尽くしたプロにアドバイスをもらうことが大切です。

 

 

 

反り爪の予防策は?

変換 ~ 3

反り爪は前述の通り、外的、内的双方の要因で引き起こされます。したがって、健康で綺麗な爪を維持する為には、双方からのアプローチが必要です。まず外的要因としての、手先の酷使を控えることが大切です。足の場合は、ご自身に合った靴選びが重要です。また、小まめに保湿を行う、洗い物の際は手袋をはめるなども反り爪防止には効果的です。また、身体が健康であれば、反り爪の症状は出にくくなる為、「食事・呼吸・運動」が大切です。食事はジャンクフードなどをなるべく避けて、タンパク質、ビタミン、ミネラル、脂質をバランスよく取り入れるようにしましょう。一見反り爪には無関係にも思えるかもしれませんが、呼吸もとても大切です。深く穏やかに呼吸をすれば、代謝も上がりやすくなり、リンパや血流も良くなります。また、リラックス効果や脳の活性化にも繋がる為、意識して行う習慣を身につけることは、精神衛生上も前向きな働きをしてくれます。最後に、運動はご自分の体に合ったもので大丈夫ですが、必要不可欠なのは日々のストレッチです。血流を良くするには、リンパの流れを良くするのが一番。足首、鼠径部のストレッチで足のリンパを流れやすくしたり、腕を回して脇の下を動かすことで手のリンパを流れやすくすることが出来ます。日々の生活習慣の見直しで、反り爪を回避し、症状が出てしまったら、安全かつ効率的に改善する為に、早めに爪の専門家に相談されてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT