NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

爪が薄いのがお悩み?

2020-11-06

そもそも爪とは?

nail

爪が薄いことにお悩みの方は、思いの外いらっしゃいます。爪が薄いと、爪がもろく折れやすくなり、深爪気味になるケースも多々あります。では、そもそも爪とは何でしょう?爪は皮膚と同じく、身体の表面にありますが、皮膚と比べてはるかに硬いですよね。骨に似た成分でできているかのように思われますが、実は、爪は角質と呼ばれる皮膚の一番外側の部分がさらに硬くなってできたもので、骨や軟骨とは関係ありません。髪の毛やその他の体毛も、爪と同じく、皮膚の角質が変化してできており、いずれも皮膚の付属器と呼ばれています。角質は、いわば死んだ細胞で表皮の最下層で生まれた新しい細胞が、上の層へ上がっていき、最後に角質となって一生を終えます。角質は細胞のように核などがありません。したがって角質からできている爪本体部分は呼吸をしておらず、「マニキュアなどを塗ると呼吸が妨げられる」というのは誤解です。

 

爪が薄いデメリットと原因

foot

爪の役割とは何でしょうか?爪は手の指先や、足の爪先を保護する役割をしています。また爪がないと指先に力を入れることが出来ません。爪が薄いと、指先に入れた力が逃げやすくなってしまいます。したがって、手の爪が薄いと物をつかむ時の微調整する力が働きにくくなります。足の場合は、歩く時に生じる地面からの圧力を足の爪が抑えることで、力が加わり、バランスを取って軽やかに歩く事が出来ています。足の爪が薄いと、力を入れにくくなり、歩いたり、走ったりする時に身体機能を最大限に使えないという事になります。また、爪は皮膚と同じく、人間の健康状態を映し出すため、多くの医者が患者を診るとき、爪の状態を診ます。栄養不足だったりストレスがあったりすると、爪が薄い、割れやすい状態になります。加えて最近では、爪が薄い原因として、ジェルネイルを繰り返し施すことにより、爪が薄い状態になってしまうケースが多々あります。それは、ジェルネイルの定着を良くする為に爪の表面を毎回削ることにより、爪が薄い状態になったり、ジェルネイルの除去時の薬品によって、爪や指先が乾燥し、健康な爪を生み出す機能が損なわれて、爪が薄いという結果を導き出すなどです。中には、ジェルの素材自体が粗悪で、爪を傷めているケースも見受けられますので、爪が薄いのを防ぐ為には、正しい知識が必要です。

 

爪が薄い時にするべきこと

counseler

爪が薄い原因の一つは、栄養不足とお伝えしてきました。身体の末端にある爪に栄養を行き届かせる為には、身体が健康である必要があります。爪に栄養が十分に届けば、爪が薄い状態になるのは避けやすいのです。爪が薄い状態を防ぐ為には、バランスの良い食事、睡眠、適度な運動を心がけましょう。そして、すでに爪が薄いことをお悩みであれば、爪専門店で、必要に応じて爪に補強を施し、定期的なお手入をすることをお勧めします。爪が薄いと、脆弱で折れやすいので、厚みが出てくるまでの時間は心強い味方になってくれます。NAILCLINIQUEでは、膨大な臨床データに基づき開発した世界初の爪矯正特許技術と、独自開発の爪矯正材を用いて、爪のプロフェッショナルがお一人お一人の爪に向き合い、トラブルの解決にあたってまいります。爪が薄い事にお悩みの方は、 NAILCLINIQUEで健康な爪、美しい爪を手に入れてください。

 

 

 

 

 

 

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT