NAIL CLINIQUE

名古屋
岡山
ご予約
オンラインカウンセリング

爪が薄いのは生まれつき?強い爪を育てる3つの方法

2020-11-26

「爪が薄い」なかなか厄介なお悩みです。

薄い爪が割れてしまうと、割れた部分はもちろんのこと、引っ掛けてしまい、

また割れた部分から爪が避けていく。

最悪、大きなケガにつながる可能性も秘めています。

爪が薄いのは果たして生まれつきなのか、爪を丈夫にする方法をお伝えしていきます。

 

爪が薄い原因

thinnail2

爪は本来、指先を守る役目を担っている為、固くて丈夫である必要があるのです。ですから、爪が薄いというのは、生まれつきというよりも、生活習慣による後天的な原因がほとんどです。まず爪が薄い原因として考えられるのは、乾燥です。爪の含水量は12%~16%が適当とされますが、環境によっては5%台まで水分量が減少すると言われています。季節柄、これから特に気をつける必要がありますが、それ以上に日常生活での乾燥の影響が大きく関わってきます。例えば、水仕事が多く頻繁に洗剤を使う人は、洗剤に指先や爪の水分や油分を奪われてしまい、爪が乾燥しやすくなり、爪が薄い原因になります。また、ネイルをオフする際のリムーバーに含まれているアセトンは揮発性が高く、頻繁に使用すると、爪が乾燥し爪が薄い原因になってしまいます。次に、爪切りが爪が薄い原因になり得ます。爪にとって、爪を切る時の衝撃は相当なもの。それによって、爪の層が剥がれてしまうこともあります。最後に、栄養が偏っているのも爪が薄い原因になります。爪も肌も髪もあなたが食べたものから出来ているのです。

 

 

爪が薄い現状を打破し、強い爪を育てる

thinnail

健康的な強い爪を育てていく為に、爪が薄い原因を排除していきましょう。水仕事の際は、ゴム手袋を着けることを習慣づけましょう。そして、濡れた手はすぐに水気を取って、こまめにクリームで保湿するのが、爪が薄い状態を引き起こすことを防ぎます。クリームと合わせて、オイルを使用すると、効果抜群です。そして、リムーバーは極力使わないようにするか、アセトンフリーのものを使用する事によって、爪が薄い原因を取り除けます。爪切りの衝撃を避けるには、代わりに爪やすりの使用をお勧めします。栄養に関しては、改めて食生活の見直しをして頂くのが爪が薄い原因の改善になります。爪の主成分は、ケラチンという繊維状のタンパク質です。その為、肉や魚、大豆製品などのタンパク質を多く含む食品を摂る事が必要になりますが、鉄・亜鉛などのミネラル類、ビタミンA・ビタミンBなどのビタミン類も爪や身体には必要な栄養素です。したがって、これらの栄養素が不足すれば、爪が薄い原因になります。普段から、バランスの良い食生活を心がける事が何より重要です。

 

 

より効率的に爪が薄いのを克服するには

thinnail3

日常生活を送る上で、上記のことを心がける事で、健康的で丈夫な爪を育てていくことが出来るようになるでしょう。ただし、爪が薄いと爪が脆弱で割れたり折れたりしやすいこともあり、非常に時間はかかります。爪が薄い状態から、早く効率的に自爪を強くしたいと思われる方は、専門家に任せてしまうのも一つの方法です。NAILCLINIQUEでは、膨大な臨床データに基づき開発した世界初の爪矯正特許技術と、独自開発の爪矯正材を用いて、爪のプロフェッショナルがお一人お一人の爪に向き合い、トラブルの解決にあたってまいります。爪が薄い事にお悩みの方は、 NAILCLINIQUEで健康な爪、美しい爪を手に入れてください。

 

 

 

 

お問い合わせはコチラ

美しい爪健康な爪基礎知識
RECRUIT